目ざめよ!エホバの証人

エホバの証人の終わりの日のカラクリ

エホバの証人とは19世紀に米国で出来た自称キリスト教系の新興宗教。日本ではものみの塔聖書協会が運営している。終末論を唱えており、信者は世界の終わりハルマゲドンで生き残りたいがために、エホバの証人活動を行っている。

誰もが知ってのとおり、ものみの塔の創設以来、終わりの日「ハルマゲドン」など来ていない。ものみの塔協会によるハルマゲドンの年代予測は預言がはずれる都度に延長されてきた。1914年、1975年と漸次ハルマゲドン予定日は繰り下げられている。

キリストが生まれてから2000年間、我々が終わりを見る世代であり、終末は目前だと世迷言を言い出す教祖は限りなく存在した。我々こそが、生き残って新しい世界を見る者だと偽預言者たちは自信満々に語った。しかし、

我々が偶然にも終わりの日に生きている、そんなミラクルはありえない。時代時代ごとに終わりを語る偽預言者が無数に現れているだけ

初期のエホバの証人たちは、とっくの昔にハルマゲドンを味わうことなく死んでいった。現在のエホバの証人も同様。人生を偽預言者にフルベット。憤死。

終わりの日に偶然生きているという奇跡感を味わっているのはエホバの証人だけではない。全ての終末思想の新興宗教信者が体験してきた感覚。これは本人たちにとっては心地よい快感なので簡単に騙されてしまう。

ものみの塔協会のハルマゲドンの預言はいつまで継続されるのか?それは組織が続く限り永遠に。昔の預言を無かったことにして、新たに終末予測を更新していくはず。

そして、偽預言者の預言するハルマゲドンは永遠に来ない。

目ざめよ!エホバの証人

私はもう20年以上、エホバの証人に関わっていないので1995年の冗談じみた預言延長以降の状況は知りようもない。

ものみの塔協会、1914年の嘘と1995年の冗談

現役エホバの証人にとって、来年がハルマゲドンだとされているときのようなピリピリとした感じはないのかも知れない。

私がこのカルトを強制されていた頃は、終末がもう数年後であるとされていた。ものみの塔協会が煽り立てる危機感に追われ、エホバの証人は布教活動に励んでいた。不動産も学歴も仕事も何もかもを投げ出さなければ楽園に入れないという切羽詰まった雰囲気があった。

現在はエホバの証人的に終わりの日は遠く、わりとぼんやりとした状態になっている。高齢化した王国会館の中もほのぼのとして良い空気になっているのかも知れない。

信者でない家族に見捨てられたと思い込んでいる(実際には見捨てているのは自分自身)老齢のエホバの証人にとって会衆内の兄弟姉妹だけが心の支え。エホバの証人にとって王国会館は癒しの場所、唯一の逃げ込み先となっている。

しかし、王国会館に通い続けている現役信者の人は、騙されていることに違いはない。現役エホバの証人に問いたい。

布教活動で無垢の一般人を巻き込む悪行を続けるつもりなのか?

自分の一生をものみの塔協会によって弄ばれたまま終えるつもりなのか?

今一度考え直して欲しい。自分の頭で考えて行動しないと何も変わらない。

そして、何やかんやでものみの塔協会はまた終末時期を早める動きを見せる。終末が間近だと危機感を煽らなければ信者が増えないから。

こじつけの預言解釈はものみの塔協会の専売特許。そして、信者を増やした頃に預言がはずれ、お約束の終末時期の延長。それでも組織を存続できるとものみの塔協会はタカをくくっている。

あなた方現役エホバの証人が組織を去らないから。どれだけものみの塔協会になめられれば気が済むのか?現役エホバの証人よ。いい加減に目を覚ませ。

「預言ハズシても信者減らねぇっす」という麻薬

※以下2022年3月6日追記

ロシアのウクライナ進行、コロナ禍。案の定、「終わりの日の兆候が成就しつつある」と、エホバの証人が宣伝活動を始めている。エホバの証人は組織の命令通りに動くので、上層部の指導であることは間違いない。

戦争起ころうが、疫病が流行ろうが、偽預言者の預言は当たらない。少なくとも今世紀中にハルマゲドンは来ない。19世紀にも20世紀にも来なかったように。

そうして、エホバの証人は人生を浪費し、この世に害悪だけを残して死んでいく。

いい加減に「目ざめよ」うよ。現役エホバの証人。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください