エホバの証人たちの奇跡体験は全部勘違い

エホバの証人のバプテスマにおける勘違い

エホバの証人のバプテスマとは、一般的な健全なキリスト教で言うところの洗礼や浸礼の儀式。エホバの証人のバプテスマは、体全体を水の中を潜らされることで完成する。エホバの証人はバプテスマを受けることで、ものみの塔協会へ献身するという意思表明を行う。

ものみの塔協会が造り上げたエホバという神は存在しないので、バプテスマの前後に神の導きのような何らかの強烈な体験が伴うことは無いあるとしたらただの勘違い。

私の母もバプテスマを受けたときに光を浴びたというような話をしていたのだが、晴れていたし普通の日光を浴びただけ。

エホバの証人に神々しい光が降臨することなどない。修験道や修道院の僧侶の修行のような過酷な荒行に挑み、自分の限界を探しているわけでもない。修行の末に自身の臨界点に達すれば、自分と世界の境界に触れるような体験があるのかも知れない。

ただヌルヌルと布教活動だけをしているエホバの証人に、そのような奇蹟体験が訪れることはない。全てはものみの塔協会のハルマゲドンの恐怖による洗脳からきた幻想と思い込み

バプテスマのさなか膨らむ妄想と水着の下半身

エホバの証人が奇跡体験するのは心を病んでいるから

エホバの証人が、バプテスマの時などに光が見えるなどという奇跡体験をする理由だが、他にはエホバの証人組織内で心を病むことも影響する。これはエホバの証人の王国会館が、元々心を病みがちな人々の現実逃避の場であることも大きく影響している。

もともと夢想癖があったり被害妄想体質の人が王国会館でラブシャワーを浴びて有頂天になる。→これこそ真理の組織だ。→エホバの証人組織内での密告・陰口・嫉妬・特権主義に絶望というカルトの王道。

エホバの証人の油注がれちゃった人々も同じ。最初の使徒以来、選抜された14万4000人が油注がれ、死後昇天しキリストと共に地上を統治するというのがものみの塔協会のトンデモ教義。

この14万4000人は油注がれた思慮深い奴隷と呼ばれ、選抜の証しに何らかの奇跡体験を踏むことになっている。

このエホバの証人の油注がれてしまった人々は、天に昇り地上を統治したいというどこまでも出世したいという傲慢な願いが昇華した結果の勘違い。だいぶ病んでいる。彼らは存在しない偽神エホバへの妄信を敬虔な愛だと勘違いしている。

その結果、何らかの強烈体験による神からのお告げのようなものがあったと錯覚。彼らの誤認により、油注がれた奴らの生き残りの者は14万4000人の計算が合わない人数に増殖している。

エホバの証人のオモシロ14万4000人の教義はものみの塔協会が偽預言者である証拠

エホバの証人の主の記念式でぐいっといっちゃって

 


“エホバの証人たちの奇跡体験は全部勘違い” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください