砂上の楼閣「ものみの塔」の変遷~ラッセル原理主義者から見るとエホバの証人は異端

ものみの塔協会とフリーメーソンの関係が疑われる証拠

インターネットで発見したJW解約のための資料。ダウンロードはここから。第三弾は『組織とスキャンダル』。ものみの塔協会とフリーメーソンの関係について。

ものみの塔協会のフリーメーソンとの関連が疑われる証拠があげられている。

  • フリーメーソンのシンボルが「ものみの塔」
  • ものみの塔協会が初期に使用していた「騎士のシンボル」(十字架と王冠)がフリーメーソンと同じ
  • ニューヨークの大会ホールの正面にフリーメーソンが利用しているシンボルが取り付け
  • ものみの塔創始者ラッセルはピラミッドを用いて年数を計算し予言解釈していた
  • 同ラッセルの墓はフリーメーソン施設近くにありピラミッド形状
  • このピラミッドの上には「シオンの山」と十字架のシンボル(フリーメーソンの騎士のシンボル)
  • 当初、ものみの塔協会は「シオンのものみの塔冊子協会」だった
  • 「シオンの」とは「シオニストの」の意でユダヤ人による建国を目指すフリーメーソンの目的と一致する

これだけ証拠が出てくると、初期ものみの塔はフリーメーソンとズブズブだったことは確か。

ものみの塔協会の辿った変遷

そもそも現在のものみの塔協会の形態は初期のエホバの証人と大きく異なっている。

現在のものみの塔協会は

  • 十字架の使用を辞め、忌み嫌っている
  • ピラミッドによる年代計算など無かったことにしている
  • シオニストでない

元々はシンボルにまでしていた騎士の紋章の十字架と王冠、その十字架を現代のエホバの証人はなぜか毛嫌いしている。キリストが死んだのは十字架でなく一本杭だったとか何とかで。どうでも良いんですけど。そんなこと。

1914年とか1975年とかの預言も、元々はラッセルが行ったピラミッドによる年代計算から出ていたのに、それも現在のものみの塔協会は無かったことにしている。

元々はイスラエル建国を目指していた「シオンのものみの塔協会」だったのに、いつのまにか全世界のものみの塔協会になっている。

これだけの変遷を遂げたものみの塔協会が神からの真理を経由する組織であるとは到底言えない。実は、アメリカには初代ものみの塔協会会長ラッセルの教理を従順に守っている宗教団体が残存している。

彼らから見るとものみの塔はラザフォード兄弟にのっとられて真の教理からはずれた背教者

どうだろうか、ものみの塔は、宗派を分かち権力闘争しているだけの普通の団体ではないだろうか?

現在のエホバの証人は神秘主義と十字架&ピラミッド or 酒と女と権力闘争とどっちを選ぶのか?

あなたは、初期ラッセルの神秘主義を守り続けるラッセル派が真理だと思うだろうか?現在のエホバの証人であれば、ピラミッドによる預言解釈や十字架などは嫌っているので、こちらは毛嫌いの対象、しかしそれが元々のものみの塔の姿。

現在のものみの塔は、二代目ラザフォードが権力闘争の末に掌握し、統率・組織化したもの。クリスマスがダメとか誕生日がダメとかも、この頃にラザフォードが付け加えた後付け教義。

そのラザフォードがどんな人間だったかというと、飲む打つ買うの三拍子揃ったアルコール中毒の大英雄。一代で地位と富を築き、豪邸や車をいくつも保有した人物。その源泉は全世界のエホバの証人の無償の奉仕と寄付金。

ものみの塔協会二代目会長ラザフォードの生涯から学ぶ人生の意義

現在のエホバの証人が後生大事にしている教義は全て、このいい加減だけど天才的な統率力のあったラザフォードが都合よく付け加えたもの。ラザフォードはヌードショー見に行って、大酒を浴びるのが大好き。

初代ラッセルはと言えば神秘主義のフリーメーソン。十字架とピラミッド大好き。

どちらも、到底今のエホバの証人が受け入れることは出来ない。

真理を持つはずの組織が、こんなにも根幹となる教義をくるくるくる入れ替えるだろうか?しかもラッセルの根幹を保つ原理主義者が残っており、彼らから見るとエホバの証人は異端。

現在のエホバの証人が信じているのは、こんな矛盾の上にある砂上の楼閣ものみの塔。これでもまだエホバの証人を続けますか?


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください