エホバの証人二世の子供がトラウマになる行事とは

エホバの証人の子どもが禁止される夏祭り

私は元エホバの証人2世で、約15年をものみの塔協会というカルト組織で過ごした。両親がフル洗脳されたエホバの証人だったため、私も生まれてから15年間をエホバの証人として生活することになった。

エホバの証人は各種の行事への参加が禁止されている。ものみの塔協会が他宗教の行事すべてを信者に禁じているため。これが私にとってトラウマになっていて、息子が学校の行事に参加する度に昔の辛い記憶がフラッシュバックする。

最近だと七夕祭り。エホバの証人は七夕も禁止なのだ。夏祭りももちろん禁止。この時期になると、子どもの頃の夏祭りの苦い記憶がよみがえる。

短冊に願い事を書くと叶う理由~七夕禁止のエホバの証人

私が小学校に入る前のこと。同じアパートに住んでいた同年代のトシ君が私をお祭りの屋台に誘いに来る。トシ君は真新しい青いハッピを着ていた。私が家を出ようとすると、母親が「絶対にダメ」だと言い出す。泣く泣くトシくんに行けないと告げ、自宅でしょぼんとしていたものである。

この頃は、まだエホバの証人の教義が私の頭に入っておらず体にも染み付いていなかった。しかし小学生の高学年にもなれば、宗教色のある行事はエホバの証人にとって禁止事項であるということを重々理解していた。

学校で行われる節分やクリスマスなどの行事の度に、何度も悲しく恥ずかしい残念な思いをしていたからだ。

エホバの証人の子供の悲しい運動会

その反動で私はキャンプや電車ツアーなど、ものみの塔協会の戒律に違反しない行事であれば参加を許可して欲しかった。しかし両親はエホバの証人でない”この世”の友達と必要以上に接触することを好ましく思わなかった。

学校の遠足などで、どうしても参加しなければならない行事でなければ許されることは無かった。そういった行事に参加することで、毎週の予定であるエホバの証人の集会や布教活動がおろそかにされることも決して許されなかった。

学校の運動会でも私は気を抜くことが出来なかった。騎馬戦があれば参加は許されない。戦いの真似事はエホバの証人には許されないから。騎馬戦の間はクラスでただ一人、席に座って見学となる。

応援合戦などもダメ。エホバの証人は熱狂的に誰かを応援するのは人間崇拝に当たるとして禁じている。大人のエホバの証人たちは大会などで狂信的に拍手して演者を褒め称えているのに、子供にとっては不憫な話である。

三々七拍子とか応援が始まると、クラス全員起立して手を叩いているのに、一人席に着席していなければならない。抜群の恥ずかしさ。

学校の運動会が日曜日に開催される場合は、私の家庭ではエホバの証人の集会が優先された。午前中はエホバの証人の集会に行き、運動会には午後の部だけしか参加を許されない年もあった。

散々練習した運動会でも本番が日曜日の集会や大会と重なると参加できない。結局、運動会にも楽しい記憶は一切ない。


“エホバの証人二世の子供がトラウマになる行事とは” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください