ものみの塔崩し

エホバの証人の教祖チャールズ・テイズ・ラッセルは偽預言者

ものみの塔協会に自分の時間や財産などをほんの僅かでも与えてはいけない。なぜならば、エホバの証人の教義は全て作り話だから。

ものみの塔協会の教義は、エホバの証人の開祖となった初代ものみの塔協会会長ラッセルの妄想と空想の産物。ラッセルは聖書研究者だったがヘブライ語やギリシャ語を読めない米国人だった。神が英語でラッセルに語りかけたと言うのか。ちゃんちゃらおかしな話だ。

ラッセルは時代ごとに現れる偽予言者の一人に過ぎない。数多の新興宗教の教祖の一人。エホバの証人もカルト色の強い新興宗教の一つに過ぎない。ものみの塔協会の預言は真理とは程遠いもの。

開祖ラッセルの妄想と空想に、歴代会長を中心とした統治体が肉付け、組織化合理化されたのがものみの塔協会。この合理化は洗脳手法の合理化である。

もろく崩壊するものみの塔

全世界のエホバの証人が捧げた寄付金や労働力は、ものみの塔協会の上層部の統治体と組織そのものを潤すために浪費されている。しかし、統治体の成員も時代が変わり入れ替わった。

現在のものみの塔協会は、組織そのものの維持運営が目的となっている。エホバの証人の活動で得をする人間は皆無。本来の目的を見失い、組織そのものが自己保身のために誤った方向へ転がり続けている

これは停滞し滅びゆく組織に共通の末期症状。外部から誰かが打撃を加えればもろくも崩壊する。

しかも、もともとのものみの塔協会の目的も統治体メンバーの酒池肉林計画。全世界のエホバの証人を働かせ、その上納金で統治体のメンバーでうひゃうひゃしようというもの。到底許すことは出来ない。

私はものみの塔協会の矛盾とからくりを、無垢なエホバの証人たちに気付いて欲しいと考えている。そのためにこうやって思い出したくもないエホバの証人のことを書き続けている。

贅沢三昧の統治体メンバーを追放せよ

エホバの証人の下らない楽園

エホバの証人の教義の嘘に気付かなくても良い。この教団の矛盾に気付き洗脳が解けなくても良い。まずは、ハルマゲドン後の楽園に希望を持つのをやめよう。

楽園での永遠の命が実現することは決して無い。だが百歩譲って、エホバの証人の言うパラダイスが地上にもたらされたとしよう。しかし、そこはあなたが毎週惰性で通っている王国会館と何ら変わらない下らない空間である。

王国会館に通うエホバの証人たちを見てみよう。精神や肉体に何らかの不調を抱えている信者が多い。そんな奴らと一緒に永遠に生きたいか?楽園で完全な体に生まれ変わる?完全な精神状態に生まれ変わったら、何も面白くないよ。葛藤も迷いも無い。つまりは大きな喜びも存在しない。

エホバの証人の願う楽園には、ものみの塔協会の禁じる圧倒的な快楽も、情熱も激情も無い。それでいて厳しい戒律だけは残るので、互いに監視しあい、人目を気にして相手の顔色を伺う下らない社交場となるだけ。

永遠に生きるのに、現在のパートナー以外とのセックスが許されない。永遠にお互いに冷めない愛情を維持出来るのか?短い生涯でも人の心は移ろいやすい。逆に限りある人生だからこそ、お互いを死ぬまでの短期間だけ求め続けることが出来るのだ。

エホバの証人の造り出した楽園は、永遠に毎日が同じことの繰り返し。まさに人間牧場。思考を停めて、見た目に美しいものや美味なものを与えられ、永遠に飼い慣らされる。

そもそもハルマゲドンなど起こらないので、楽園での永遠の命などただの幻想。そこに希望を置くのを止めて、限りある人生を有意義なものにすることに注力すべき。架空の希望にすがって短い人生を無駄遣いしてはいけない。

エホバの証人をやめるためにするべきこと


“ものみの塔崩し” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください