14才でエホバの証人というカルトを捨てた、私の宿命とは・・・

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

エホバの証人2世信者の脱会者が書いた『ドアの向こうのカルト』。絶版になっているので読むなら中古で。

作中で、2人の元エホバの証人2世信者が若くしてホストになった、という記述がある。彼らには、カルトを強要する親元を抜け出すための方法がそれしかなかった、と書かれている。

あの若さで宗教を捨てるという決意は並大抵のエネルギーではできない。

あの若さというのは、作中のホストになった元エホバの証人2世の年齢。18才。幼い頃からものみの塔の洗脳教育を受けて、その宗教を捨てる。それは、自分の根幹を覆すということ。さらに親を裏切るということにも感じられる。

14才でエホバの証人を脱会するエネルギー

脱カルト宗教には、多大なエネルギーを要する。私は、この脱カルト宗教を14才の時に実行した。

私も、生まれながらにものみの塔の洗脳を受けたエホバの証人の2世信者だった。両親ともにエホバの証人という神権家族だった私にとって、脱エホバは困難な闘いだった。

私は、14才の宗教脱会に気力のすべてを使い果たしてしまった。これ以降、私の人生はぬるま湯に浸かるようなものになる。自身と家族の根幹を覆す闘いに挑むには、14才という年齢は若すぎた。

エホバの証人脱会後は、両親との関係も馴れ合いの表面的なものになり、両親は私に対して腫れ物を触るように甘やかすようになった。両親のマインドコントロールが解けてからは、彼らの罪悪感からなのか、両親は私に対して何も言えなくなった。

14才でエホバの証人というカルトを捨てた、私の宿命

14才の私は、ものみの塔の洗脳下にありながら、神エホバを呪いハルマゲドンで死ぬことを選ぶ。人間の生命の価値は永遠ではなく、一瞬にあると考えたから。この瞬間に命を燃え上がらせれば、ハルマゲドンで自身が消滅するのも厭わない。そう思っていた。

これはある意味人生の真実。真理を見つけた14才に対して、ものみの塔のマインドコントロール下にあった両親が、何か対抗できることを言えるはずがない。

両親のマインドコントロールが解けた後でもそれは同じ。自分たち親が間違った洗脳を施した子ども(私のこと)が、自分の意志で14才にして洗脳を解除した。優劣は明らか。

両親は、私に対して頭が上がらなくなった。それでも親は親なので、私は感謝・尊敬もしているのだが、どこかでカルトに騙された愚かな人々という印象もぬぐい切れない。

両親との関係は、これ以上向上させようがない。彼らがカルトに騙され、14年間もの間、私に信仰を強要し、ムチを振るった。その事実を踏まえた上で、私は両親に対し感謝・尊敬している。ここが限界。

14才でエホバの証人というカルト宗教から脱出した私のやるべきことは、同じように全世界のエホバの証人たちを解放すること。そしてものみの塔を崩壊させ、世界を、エホバの証人の存在しない正しい形に戻すこと。

そのために、私の家族は一家離散し、14年間の屈辱の子ども時代があったのだと考えている。14才のエホバの証人脱会時の、あのエネルギーをもう一度、ものみの塔というカルトにぶつけ、崩壊させる。

ものみの塔崩し、 滅びゆく組織に最後の一打撃を。それは・・・


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください