エホバの証人をやめるためにするべきこと

最優先はエホバでなく今の自分

私がエホバの証人をやめることが出来たのは、今を最優先にしたから。これが限りある人間の生の本質である。

ブラッド・ピットの『トロイ』という映画がある。その中にこんな台詞が出てくる。

The gods envy us.

They envy us because we’re mortal.

Because any moment might be our last.

Everything’s more beautiful because we’re doomed.

You will never be lovelier than you are now.

We will never be here again.

神々は羨んでいる

限りある人の命に

いつ死ぬか分からない

終わりがあるからこそ美しい

美貌もいつかは衰える

“今”は二度とない

自分の人生は自分のためのもの、少なくとも全てを神に捧げるためのものではない。勇気を出せばエホバから自由になれる。

ものみの塔協会の嘘

エホバの証人組織から離れて、私はようやくものみの塔協会がついている大きな嘘に気付いた。ハルマゲドンは来ない。洗脳が解けた瞬間である。それでもその頃の私は、エホバの証人的思考からなかなか抜け出すことが出来なかった。

私が幼少期から青年期に受けた傷と、崩壊した私の家族のことを振り返り、これからエホバの証人をやめるべき人のためになることをここで書きたい。

悲劇のループ

小学生の私が節分の豆まきを教室の隅で見ている。恥ずかしさと情けなさとさみしさのため、鬼のお面を被ってしまいたかった。ただそれもエホバの証人2世には禁止されていることだった。

元2世の前進と従順な現信者のマインドコントロールをここで解きたい。エホバの証人2世の子供は、エホバの証人の結婚に関する教義のために神権家族の3世となってしまう。

エホバの証人はエホバの証人としか結婚できない。その子供たちも必ずエホバの証人として育てられることになる。家族全員がエホバの証人という神権家族でエホバの証人3世になるのだ。

悲惨な子供の信者をさらに作るつもりなのか?

自分と同じ苦しい思いをさせるつもりなのか?

苦しい幼年期、辛い少年期、悲惨な青年期を、自分の子供たちに送らせるつもりなのか?

エホバの証人のムチ打ち

エホバの証人の子供には児童虐待の問題がつきまとう。ものみの塔協会はこらしめと称して、子供に体罰を加えることを推奨している。鞭で打たれることが怖く、エホバの証人の子供は表面的には親に従順になる。

しかし、愛する親に振るわれた暴力により、子供の自己は抑制されズタズタになる。暴力は暴力を連鎖する。暴力を受けて育った子供は暴力的な大人になる。そして自分の子供を虐待する親になる。これも悲劇のループ。

今、ここで、この瞬間にエホバの証人という悲劇の連環を止めなければならない。

エホバの証人2世が脱塔宣言する際の3つの注意点(親に対しての告げ方)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トロイ ディレクターズカット【Blu-ray】 [ ブラッド・ピット ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/6/11時点)

 

 

自己紹介


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください