エホバの証人2世が脱塔宣言する際の3つの注意点(親に対しての告げ方)

脱塔宣言をするときの3つの注意点

私のエホバの証人の脱退宣言が成功したポイントは主に3つ。

  1. 事前にエホバの証人活動に身が入らないアピールをする
  2. 集会の前に言う
  3. その集会で両親に割り当てがある

私の過去の経験を振り返りながら、上記3つの注意点を解説。

エホバの証人2世の停滞

エホバの証人をやめたくて仕方がなかった14歳の秋。生まれながらにしてエホバの証人2世だった私は、親の期待を裏切り、両親を傷つけることが怖かった。そのため「エホバの証人をやめる」と両親に告げることがなかなかできなかった。その悶々とした日々が私の人生で一番辛い時期だった。

親を傷つけることを考え、それが出来ず、親に「エホバの証人をやめる」宣言をする瞬間を比喩的な夢にまで見た。

この夢の話は両親を裏切ることに心を痛めるエホバの証人2世

行くべき道は決まっているのに前進できない。この頃はとても苦しかった。エホバの証人の親たちは、果たして子どもたちにこんな思いをさせる必要があるのだろうか?

エホバの証人脱退宣言をした清々しい夜

迷いに迷い、焦れに焦れ、その時が来た。親に対して「エホバの証人をやめる」という宣告する瞬間。14歳の秋、とある晩。いつも通りにエホバの証人の集会に行く時間になる。

通常ならば、家族三人で車に乗り込み王国会館へ向かう。しかし、私は2階の自室にこもったまま動かなかった。階下の両親は「集会に行くよ」と呼びかけるが、私は答えない。

母親が2階に上がり、私の部屋の扉を開けて「早くしなさい」とせかす。そこで私はベッドに倒れこみ、顔をうずめたまま答えた。

「行かない。・・・もう集会には行かない」

ある程度の予感はあったのだろう。母親はとくに何も言わず、階下へ降り父親に状況を告げる。階下のやり取りは聞こえなかったが、しばらくすると両親が二人だけで出かけた気配を感じた。

成功である。1階へ降りて、テレビをつけて、ロードワークに出て、筋トレをしてと、普段では出来ないことをやってみる。集会に行かなくて良いという喜び、自由な時間を得たという実感が少しずつ湧いてくる。

何と清々しい夜だっただろう。ロードワーク中に夜空を眺めれば、月星が輝いていたはずだ。エホバの証人2世としてうつむいて生きていた私は空を眺めることなど、この時期は無かったのだが。

エホバの証人やめる宣言をするときの注意点

1.事前にエホバの証人活動に身が入らないアピールをする

事前にアピールしておくことで、両親のショックを和らげることができる。私の場合は特に母親を意識した。ヒステリーを起こして暴れられたりすると困る。事前に、息子に微妙な時期が来ていると意識させるのだ。

この年頃で組織を離れる人も多いので、ある程度覚悟はできているだろうが、さらにその覚悟を具体的にするためにできることがある。

  • 集会で注解しない
  • 集会の予習を進んでしない
  • 集会に行っても、周囲と交わらず、つまらなそうにしている

エホバの証人活動に対して消極的ですよというアピールをするのだ。本人はやめたくて仕方ないのだから、これは簡単だろう。私の場合は無意識に行っていた。

2.集会の前に言う

集会の直前に宣言することで、無駄な論争やいざこざを避けることが出来る。エホバの証人の親は子どもが行かないと言い出しても、自分たちは集会へ行く

子どもの永遠の命がかかっているのに、放っておいて自分だけ集会へ行くという親の神経はどうかと思うのだが、ものみの塔教会の洗脳下にあるだから仕方ない。

親にしてみれば、自分の永遠の命がかかっているし、エホバの証人をやめた者に対しては身内でも厳しいのが、ものみの塔教会組織の特徴だ。

集会に追っ払ってしまえば、行く行かないで不必要にもめることもない。集会に行っている間に、親はあれこれ考えるはずで、頭も冷やされる。お互いに冷却時間を持てるのである。この間に自分も次の手を考える。この話は次回。

3.その集会で両親に割り当てがある

片親がエホバの証人という場合も同じだ。両親を片親に読み替えて欲しい。信者でない方の親を巻き込むのは、あまりおすすめしない。あくまで自分と信者である親の問題なのだ。

信者でない親を持ち出すと、信者は意固地になる。サタンの攻撃、誘惑だと考え思考が停止する。信者自身が攻撃的、保守的になり、ヒステリー、精神錯乱状態になる。”私が”自分の意思でエホバの証人をやめたいのだと主張することが必要。

両親を集会に追っ払えれば良いのだが、両親にも集会を休まれると厄介だ。その場が修羅場と化す。集会に行かない=ハルマゲドンでの死でもないし、普段から休みがちな信者も多い。

なので、この脱塔宣言をする日は両親に集会での割り当てがある日を選ぶべき。割り当てとは、王国会館での集会で信者が壇上で話をしたり、寸劇をしたりすること。これは信者にとっては特権とされており、丹念に準備して臨むし、ドタキャンすると会衆上層部に大迷惑をかけることになる。

割り当てがある日の集会直前に脱塔宣言をすれば、親は子どもを気にしつつも集会に行かざるを得ない。脱塔宣言直後の修羅場の温度を下げることが出来る。

正しい脱塔の仕方はエホバの証人をやめるときの3つの注意点(正しい脱会方法のまとめ)


“エホバの証人2世が脱塔宣言する際の3つの注意点(親に対しての告げ方)” への5件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください