エホバの証人には聖書知識の再インストールが必要

『図解 聖書』は正しい聖書の勉強のやり直しに最適

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

図解 聖書【電子書籍】[ 大島力 ]
価格:1080円 (2017/10/22時点)

 

ものみの塔協会に騙されていた人がエホバの証人をやめた後、以下のパターンに信条が分かれる。

  • ①一般的なキリスト教徒になる人
  • ②濃く他の宗教に走る人
  • ③薄く色んな宗教に馴染む人(一般的な日本人)
  • ④宗教嫌い、キリスト嫌いとなるパターンの人
キリストマトリックス
キリストと宗教依存のマトリックス

電子書籍で読んだ『図解 聖書』だが、エホバの証人をやめて何年も経ち、聖書のことはすっかり忘れてしまっている人におすすめ。ズバリ私にピッタリだった。

ものみの塔の洗脳からやっと脱出、キリスト教や聖書を毛嫌いする気持ちもやっと一服という人におすすめ。上のマトリックス表で言うと④、③、もしくはその間くらいの人におススメ。

聖書の構成通りに漏れなく説明されているので、正しい聖書の勉強に最適。ものみの塔協会の製作した新世界訳聖書は贋物なので、エホバの証人として頭に叩き込まれた聖書の知識は誤ったもの。その誤理解をクリーンなものに入れ替える必要がある。

一方、この本は聖書の全文を網羅しているので、子細部分はある程度は簡易的にならざるを得ない。もっと詳細を知りたいという人は、都度欄外に関連書籍が紹介されているのでそちらを参考にされたい。

やはり聖書は、世界中で一番読まれたベストセラーであることに間違いはない。美術館や史跡を旅行で訪れても、聖書を題材にした作品や聖書の舞台であることが多い。

元エホバの証人というだけで、そういった場所に嫌気がさすというのはもったいない。そこまでものみの塔協会の被害を受けることもない。この本でも聖書に関連する場所や美術作品がコラム形式で紹介されている。

取り戻したい聖書とキリスト教に関するバランス感

ものみの塔協会の出版物は極端に偏った見方で聖書を冒涜している。聖書を自分たちの組織に都合の良いように解釈している。聖書を道具としている。

さらに、エホバの証人の使っている新世界訳聖書は、能力の低い翻訳者によって訳されている。そのせいで冗長な部分や意味が翻ってしまっている誤訳部分もある。意味の誤用は故意の部分もある。三位一体に関する記述など。

エホバの証人は聖書研究というが、エホバの証人の研究の内実は、ものみの塔協会の出版物研究。エホバの証人がものみの塔の出版物研究に充てた時間は膨大過ぎる。ゆえに深く深く洗脳され、誤った聖書理解に導かれている。

中立な視線や反ものみの塔的な立場で書かれた本を読んでいかないと、我々の聖書に対するバランスを正常に戻せない。

聖書を冷静に考えることが出来る一冊

この『図解 聖書』をさらっと読んで思ったのは、聖書の神の恐ろしさ。旧約聖書に出てくる神は不条理そのもの。

人類の原罪は知恵の実を食べたことだが、喰ったらいけないものは目につかないようにしておくべき。歩き始めたばかりの子供がいれば危険なものは隠しておくはず。

旧約聖書の神には愛情や思いやりの欠片もないのである。エホバの証人のイメージする愛に溢れる神の姿とはほど遠い。

大洪水で世界を水没させ、異教徒の街を滅ぼし尽くす。何度も自らの民に試練を与える。つまり、ものみの塔協会が存在を主張するエホバは愛すべき全人類を再び全滅させようとする破壊神でありツンデレ野郎。

新約聖書を読むとキリスト教がユダヤ教から派生したものであることが良く分かる。キリストが扇動し旧勢力を攻撃。当時キリスト教は新興宗教だった。そして、全ての民が救われるという単純さで全世界に信者を増やし現在に至る。新興宗教や今では市民権を得た宗教の勃興期にありがちな単純さ。

近代に生まれたエホバの証人は、さらにそのキリスト教から派生した新興宗教の一派に過ぎない。エホバの証人だけが真理を知るというのは明らかな幻想。

エホバの証人をやめた人・辞めたい人におススメの他の本

『仁義なきキリスト教史』

『解毒』~エホバの証人が持たない無償の愛


“エホバの証人には聖書知識の再インストールが必要” への3件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください