ものみの塔協会が意思を持たないただのシステムになっている

罪悪感が欠如したエホバの証人組織の構造

エホバの証人に限らず、全ての新興宗教はそうなのだが、騙している側に騙しているという罪悪感や意識が無い。騙している側も自分の人生、財産、貴重な時間を全て投げ出すほど盲信して、新しい信者を開拓しようとしている。

誠心誠意よかれと思って、布教活動を行っているということ。これが洗脳されている状態。善意ある行動のつもりが、知らず知らず悪事に加担している。

そして、たった一部の人間が下から上がってくる旨みを吸っている。こいつらが確信犯で、騙している自覚があるというか、騙される奴が悪いくらいに思っている。

この旨み吸い上げの集金システムはものみの塔協会のトップシークレット。厳重に情報統制され、末端信者たちは外部の情報に触れないように制限されている。

現在のものみの塔協会の寄付集金システム

秘密というのは守るのが難しい。にも関わらず、エホバの証人の場合は統治体が贅沢三昧していて、全世界の信者は搾取されているだけという事実が世にあまり出てこない所を鑑みると、もしかすると旨みを吸うシステム自体が継承されていない可能性がある。

完全悪たる統治体の成員は死に絶え、洗脳状態の幹部が後を継いだ。これで良心ある組織に生まれ変わったかというと、そんな訳はなく、出だしが大ウソなので、どこまで行ってもものみの塔協会はただの偽善に満ちたカルト団体。

既に誰も旨みを吸っておらず、偽物の聖書と架空の神のために、盲信者たちの貴重な時間や金、人生などの財産が浪費されている可能性も想定される。誰も得をしない不毛なシステムが、システム自体を維持・存続するために周り続けている。

ものみの塔協会を野放しにしてはいけない理由

無意味なシステムが延々と動き続け、人々を、子供たちを騙し続けている。これほど無駄で有害なことはない。

統治体の誰かの懐を潤すために、全世界の無垢な羊が搾取されているというのも腹が立つが、そういった完全な悪意すら存在せず、ものみの塔協会が意思を持たないただの惰性のシステムになっているというのも手痛い。

無意味なもののために人々が全身全霊で人生を投げ出している。これは見過ごしがたい状況である

エホバの証人たちよ。目を覚まそう。あなたの時間はあなたのためのものであり、神やましてや意思のないただのシステムのためのものではない。あなたの頭は自分で考えるためにあるのであり、組織の言いなりになるためにあるのではない。

贅沢三昧の統治体メンバーを追放せよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください