偽神エホバの産物である崩壊家族

エホバの証人の住んでいた家は荒れ放題

私の家族はエホバの証人として活動したために崩壊してしまった。家族三人がエホバの証人を辞めたり、洗脳が解けたりするタイミングがずれたために、家族として必要なものが完璧に失われてしまった。

そのため一家離散し、実家が空き家になっている。その空き家を整理するために久しぶりに実家へ入ったのだが、もう何年も誰も住んでいないので荒れ放題になっていた。このお化け屋敷には近所の人も迷惑していることだろう。

両親の部屋にはものみの塔教会の出版物が大量に置いてあり、それを見ると嫌な気分になる。きっちり1冊仕入れるごとに寄付金を献上していたはずなので、莫大な金額を喪失したことになる。

エホバを褒め称える詩編は突っ込みどころ満載

両親の寝室には市販のパズルが完成した状態で飾ってある。南国のビーチの夕暮れの写真で、夕焼けにヤシの木が染まっている。それだけなら良いのだが、ご丁寧にその下にワープロで印字した聖句が一緒に額に入れてある。

父親が印刷してパズルと一緒に額に入れたのだろう。

「エホバよ、あなたのみ業は何と多いのでしょう。あなたはそのすべてを知恵をもって造られました。地はあなたの産物で満ちています」-詩編 104:24

いろいろと突っ込み所があるのだが、洗脳状態にある人には何を言っても無駄だろう。

まずは上記の聖句の何とも言えないダサさである。翻訳が駄目なのだろう。これがものみの塔協会の限界。み業ってなんすか?

あとは南国のビーチを神の造った産物だと洗脳状態にあった父親が思ったのだろうが、綺麗に整備されたビーチは人間の生み出したものでもあるし、パズルと額などは人間の産業の結果である。

そんな話になると人間自体が神の創造の産物だという堂々巡りになるのがエホバの証人である。クレバーだった父親が、洗脳されるとこうもバカになっちゃうのかと悲しくもある。

ものみの塔協会の産物である崩壊家族

地は神の産物で充ちていると言えるのか?地上は人間の叡智である科学の産物で充ちている。もはや神の産物である自然は災害を及ぼすだけ。そもそも神はその地上をハルマゲドンで一旦クリーンにするんだろ。

クリーンにされる前の地球を見て、神の業績を褒め称えることなんてできるのか?失敗作だろ。地球は。それを一旦作り直すというのなら、褒めるんじゃなくてダメ出しじゃないか。

子どもの粘土細工と同じ。失敗して変な形になったので、癇癪まかせに一旦全部ぶっ壊す。そんな地球を見て、神の知恵に満ちた創造の産物が云々かんぬん良く言えたもんだと。

もう戻らない両親との三人家族と荒れ放題の実家、これが象徴するのがものみの塔協会がそこら中にまき散らした産物、家族の崩壊

お祭りに行けない子供~普通の家に生まれたかったエホバの証人二世

時の経過がエホバという傷を癒す


“偽神エホバの産物である崩壊家族” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください