お祭りに行けない子供~普通の家に生まれたかったエホバの証人二世

自分の家が普通ではないと気付く瞬間

私は物心ついたときには既にエホバの証人2世だった。両親は尋常でないほど熱心なエホバの証人で、ものみの塔協会のために自分たちの生活すべてを投げ出していた。

父親はあえてフルタイムの仕事を辞めて、エホバの証人活動がしやすい時間に融通のきく不安定な職場へ転職。母親は正規開拓者と呼ばれる全時間のエホバの証人の布教活動者で、毎月100時間近く布教活動を行っていた。

私が自分が普通の家の子供ではないと、最初に気づいたのは4歳とか5歳のとき。同じ団地に住む同じ年頃の男の子が、私をお祭りに誘いに来たときだ。その男の子は空色のハッピを着て、うちわを持って私の家に来た。

「一緒にお祭りの屋台に行こう」と呼びに来てくれたのである。団地内の砂場で一緒に遊んだりする仲だったので、その延長線。お祭りの前の独特の高揚感・イベント感がその子から伝わってきたのをよく覚えている。

何だか良く分からないのだが、楽しそうなので、「うん」と私も家を出ようとすると母親に制された。「ダメだ」と家の中に引きずり戻され、母親は外に出て、一緒に来ていたその子の母親に何か理由を話しているようだった。

母親にエホバの証人だからお祭りに行くのはダメだと言われ、私はこの時、初めて自分は普通の子供と違うのだと気付くことになった。

エホバの証人がお祭りの屋台に行けない理由

エホバの証人は異教の行事全てに参加することを禁止されている。地域のお祭りはもとを正せば神社の祭礼であり、日本古来の神様へ五穀豊穣や健康繁栄を祈念するためのもの。

ド田舎出身の私の母親はそういう日本古来の風習を良く知っているので、お祭りはダメだと私に言うのである。お祭りといってもただの屋台に行くだけなので、神道も神社も何も関係ないのだが。

そもそも両親は大人になってからエホバの証人になった訳で、自分の子どもの頃にはお祭りを楽しみにしていた口なのだ。私は小学生くらいになると、そういう両親の矛盾に苛立つようになる。

小学校に入ると、さらに自分が普通の家の子供ではないという意識が強くなる。小学校の同級生は皆、幼稚園や保育園からの幼馴染であり、私だけが幼児教育を受けていなかった。

さらには、校歌や国家が歌えない。給食の前に合掌できない。逆に食事の前にはエホバに祈らなければならないという変態度合い。この頃には自分の家が変なせいで、特別に自分が不幸な目に遭っていると思い始めた。

間違った子育てのツケを支払うことになるエホバの証人の親

エホバの証人の教理はこうである。この世の子たちは、今は楽しそうに遊んでいるのだが、将来ハルマゲドンで死ぬことになる。エホバの証人の子供はそれを生き残り、楽園でおとなしくなったライオンやトラと一緒に遊んで暮らせるのだ。

「だから、親とものみの塔協会の言うことを聞いて、エホバの証人の集会に通いなさい」と教えられたところで、そんなことは関係なかった。オレは今遊びたいんだ。『今』を抑制されていて、小さな子供が楽しい訳がない。

たった今、この現時点で興味関心、好奇心の対象を遮られる。子供の成長の芽を摘む行為だ。興味があるから熱中できる。面白いから日が暮れるまで集中して遊んでいられる。

そういったものを制限され、しょーもないものみの塔誌を押し付け集会の予習を強要される。エホバの証人の親たちはこの押し付けの責任を取ることになる。

私はいつかエホバの証人を辞めてやると子供の頃から思っていたし、早く親から離れたかった。そして私は大人になり、エホバの証人を辞める。ものみの塔協会は予言が当たらず、信者は高齢化しエホバの証人組織は崩壊寸前。

私の両親も洗脳がとけてエホバの証人をやめることになった。そして自ら私に対するツケを支払っている。私は年老いた両親をいたわることも面倒を見ることもない。一家離散したままである。

経済的にもっと余裕が出来れば、年取った両親の老後を考えないでもないが、現状その余裕は私にはない。曲がりなりにも養い、大人になるまで育ててくれたことに感謝はしている。それでも私がこんなにも両親に対して冷たいのは、子どもの頃のことを未だ許せていないからなのかも知れない。

親として不適合なエホバの証人~帰宅部強制のエホバの証人二世


“お祭りに行けない子供~普通の家に生まれたかったエホバの証人二世” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください