元エホバの証人二世が初めて撃つ水鉄砲

エホバの証人の子供が戦隊物を禁止される不合理な理由

私は物心つくと同時にエホバの証人2世として育てられた。エホバの証人の子供には禁止事項が多い。ものみの塔協会の教理をきっちりと当てはめれた生活が信者の親によって強制されるから。

まず、子供が大好きな仮面ライダーとか戦隊系のテレビは見ることが出来ない。こういう番組は基本的に悪の組織を倒すために戦う。エホバの証人はこういった戦い、暴力といった情報に触れることを制限される。

なぜなら、エホバの証人が使っている新世界訳聖書には

彼らはもはや戦いを学ばない

という記述があるため。

このため一切の暴力的なテレビ番組などを見ることが許されない。ヒーロー系のテレビでは正義の味方が悪の組織を倒すのだが、この点はエホバの証人的にも問題ない。神は正義、サタンは悪というものみの塔協会の教義と一致する。

勧善懲悪の手段が暴力であるという点で、エホバの証人の子供は禁止されるのだが、旧約聖書中の登場人物たちは剣を持って戦っている。キリストが捕まる直前にも、ペテロは剣で捕獲に来た兵士の耳を切っている。

頭部を狙って剣を振り下ろすという強烈な攻撃性。

この行為はキリストにたしなめられたのだが、そもそも十二使徒の一人が剣で武装していたのは事実。一方で、エホバの証人の子供は新聞紙で刀を作るだけでも親に怒られる。この矛盾をきっちり説明できるエホバの証人はいない。

この子どもの頃の私の疑問に、親を始め、納得のいく回答を出せるエホバの証人はいなかった。

元エホバの証人が初めて持つ水鉄砲

私がエホバの証人を辞めて、25年は経つ。子供が生まれ、私は極力子どもの自主性を重んじるように子どもに接しようとしている。エホバの証人の親として私にものごとを強制しまくった両親を反面教師としている。

3歳の私の子どもが欲しがった玩具があった。夏のイベントで遊んで気に入った水鉄砲である。後日、100円均一ショップで買い与えたのだが、私は、こんなしょうもない水鉄砲に何故か特別な感慨を覚えた。

モデルガンとか水鉄砲は私の子どもの頃は禁止だった。指でピストルの真似をするのも禁止、輪ゴムをピストルみたいにして飛ばすのも禁止だった。理由は私がエホバの証人二世だったから。

水鉄砲を子供に買ってあげて、一緒に遊ぶ。「こんなもののどこが暴力的なんだか・・・」と思いながら、子どもと水を撃ち合う。そして私はあることに気付く。私が水鉄砲を持ったのは今が生まれて初めてだということに。

私がエホバの証人をやめたのは14歳になってからのこと。そのため、エホバの証人を辞めて自由になったとはいえ、こんな子供向けの玩具に触れる機会がなかった。

エホバの証人を辞めて、それまで禁止されていたものに進んで手を出し始めたのだが、喫煙とかポルノとか大人向けのものばかりで、あまりに子ども向けのものに手を出す暇も興味もなかったのである。

40年生きてきて、生まれて初めて水鉄砲を撃ったのだった。何とも窮屈な子供時代を送っていたものだと昔を思い出した。今、私は過酷だった自分の幼少期を、愛する自分の息子と一緒にやり直している。ささいな水鉄砲がその事実を私に気付かせた。

「だるまさんがころんだ」ができないエホバの証人二世


“元エホバの証人二世が初めて撃つ水鉄砲” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください