エホバの証人は『統治体の証人』か『統治体教』に改名しよう

エホバの証人の統治体というイカサマ霊能力教祖

北海道のエホバの証人広島会衆の集団排斥事件の資料より。

資料は下記で閲覧可能。
エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)

ものみの塔協会は、

統治体に逆らうのは神への反逆、ものみの塔協会の代表者に従わない者はみな背教者とみなす

たとえ神やキリストを信仰していたとしても大きな矛盾が生じている。キリストよりも統治体が上にきているので、エホバの証人はもはやキリスト教ではない。エホバという神よりも統治体が上にきているので、エホバの証人というのもおかしい。

エホバの証人は統治体教とか、統治体の証人に命名を変更すべき。そして、その統治体様の権威の根拠は、自称「油注がれた」という自称「霊能力」のみ。

この大きな矛盾に気づけば、エホバの証人なんてすぐにやめられると思うのだが。

統治体の根拠

あ、そう言えば、「オレ、昨日夢の中でキリストのお告げを受けました」と私が言い出せば、統治体と同様の権威の根拠を持つことになる。この偽予言者って、あらゆるイカサマ新興宗教の教祖と同じ。エホバの証人の統治体もイカサマ教祖に連なる者。

ものみの塔協会の統治体の予言は時代ごとに現れる偽予言者の世迷言

贅沢三昧の統治体メンバーを追放せよ

エホバの証人の統治体教の目的と手段に逆らえば、背教とされる

統治体のやり口

ものみの塔協会は

自分たちに不都合なことを言う分子はすべて背教者として片付けることができ、しかも背教者との交渉を禁じるという名目で、一切の情報が伝わらないようにする

これがエホバの証人のマインドコントロールの肝。背教者と聞けば、背筋も凍る恐ろしい悪魔の化身くらいにエホバの証人は思っている。一切、耳を貸してはいけないことになっている。

悪魔の誘惑・攻撃であり、その毒牙にかかるとこの世の終わりハルマゲドンで滅ぼされる。こうして、エホバの証人は純粋培養のマインドコントロール状態に保たれ、ドツボにハマっていく。

ちょっと耳を貸したくらいで、揺らぐ弱い信仰なんて、その程度の価値しかない。しかし、こういったところでエホバの証人は一切耳を貸さない。

ものみの塔は、エホバの証人を完全なマインドコントロール状態に保つため、都合の悪い情報はすべて背教者の情報だとシャットアウトさせる。

背教者と責められる信者が、それまでどれだけものみの塔の発展に貢献しようが、奉仕しようが、寄付しようが関係ない。都合の悪い信者は背教者と切り捨てる。切り捨てられる側が、どれだけ傷つこうが関係ない。

なぜなら、ものみの塔の目的はエホバの証人の救済ではなく、エホバの証人の搾取だから。

こうして考えると統治体教の究極の目的は「エホバの証人の搾取」。この搾取に必要なのは「エホバの証人のマインドコントロール状態」。このマインドコントロール状態を害する者は、統治体教に背教しているとされるとしてシャットアウトされる。


3 Replies to “エホバの証人は『統治体の証人』か『統治体教』に改名しよう”

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.