エホバの証人の2世だった過去を話すことが私の使命

3度の奇跡的生還と生かされるということ

私は生まれながらのエホバの証人二世で14歳のときに自分の意志で脱会。洗脳が解けたのは20歳を過ぎてからだった。その後自堕落な生活を送り続けた。

そして3回も交通事故を起こす。すべて自動車が全損する大事故。しかし、私は3度の交通事故で奇跡的に生き残った。これには何らかの意味があると私は思っている。それぞれの時に私はまだ死ぬべきでは無かったということ。

3回とも車自体は大破したものの、私自身は無傷。何らかの力に生かされていると感じた。

こんなスピリチュアルな考え方をするのが、ものごとを信じ込みやすいエホバの証人チックな性格だとも言える。ただ、私の父親にも同じような経験がある。

父は私に続いてエホバの証人を辞めた。そして未だエホバの証人信者だった母親との関係がこじれて、私の家族は崩壊。

一家離散した後、父親は国内を放浪していた。その放浪中に何度か一文無しになって、もう死ぬしかないという状態に陥る。そして最後のなけなしの金でパチンコ屋へ入る。すると必ずフィーバーし、命を救われたのだという。

父の死期もその時では無かったということ。それぞれ生き残ったことによって、遂に父と私は数年ぶりに再会することが出来た。

人間には死期がある。それまでにやるべきことやり、成すべきことを成す。でなければ死ぬにも死ねないのだ。

エホバの証人の2世だったという経験を伝えることが私の使命

人は誰しも何らかの役目を持って生まれて来ている。私が何度も生き残った理由、それも何らかの使命を担っているから。それはエホバの証人2世を辞めて以来、私が目を背け続けてきたことに関係している。

私はエホバの証人を辞めてからは、かつてエホバの証人だったことを周囲に隠し、自分でも忘れようとしてきた。自分の人生の恥部であると思ってきた。

しかし、エホバの証人の2世だったということを見つめ直さなければならない時期が来たと私は思っている。

エホバの証人二世だったこと、そこから自分の意思で離脱したこと、それを考え、未だにものみの塔協会の洗脳下にある被害者たちへ何かを伝えること、それが私の使命。洗脳された瀕死の状態から生還した私の役割

3度も大きな交通事故を起こして、それでも私が生き残ったのは、このためだったと考えている。

エホバの証人をゼロにし、ものみの塔を崩壊させること。これが私の使命。このために私は瀕死の洗脳状態から抜け出した。そして3度の大事故を生き残った。

ロシアのようにエホバの証人をせん滅するべき2つの理由


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください