変態的なこらしめという児童虐待の犠牲者であるエホバの証人2世

エホバの証人2世とは

エホバの証人の信者を親に持つ子供のことを、このものみの塔協会ではエホバの証人2世と呼んでいる。どっぷりとこの宗教にはまっていたり、または表面的だけであったりと様々なエホバの証人2世信者が存在する。

今では世代交代も進み、2世信者の子供の3世信者というのも誕生しているだろう。悲劇の連鎖が生まれている。私はエホバの証人の組織を辞めてもう20年にもなるので、現在では3世とか4世という呼び方をしているのかどうかは解らない。とにかく、エホバの証人の子供たちのことをエホバの証人2世と呼ぶのである。

彼らエホバの証人2世は小さな頃から極端に自由を制限される。幼児教育も受けさせて貰えず、小学生になるまでには真冬でも熱中症になるような真夏でも、奉仕活動と称して親に連れ回されて布教活動を行わされる。クリスマスや節分や地域のお祭りなども異教の行事であるという理由で参加することを許されない。

これに加えてエホバの証人社会では子供たちを体罰で縛りつけている。エホバの証人は”こらしめ”と呼ぶのだが、単なる児童虐待である。言うことを聞かなかったりエホバの証人の集会と呼ばれる集まりでちょっとでも行儀が悪いとすぐこらしめである。お尻をベルトや素手などで容赦なく引っぱたかれるのである。これが怖くてエホバの証人2世の子供たちは大人しく親の言うことを聞いているのである。

こらしめの影響でまるでロボットのように心を持たないエホバの証人2世

エホバの証人の行っている変態的な児童虐待の方法とは?

エホバの証人2世の子供たちは、ことあるごとにこらしめと称してお尻を素手やベルトなどで叩かれる。こらしめという受難に至る理由は、教団の集会が開かれる王国会館でおとなしくしていないだとか、親の言うことを聞かないなどと様々である。

王国会館の中にはこらしめ用の別室が存在する。子供たちがしこたま叩かれて上げる泣き声が集会の妨げになるからである。私は素手以外にも、布団たたきやベルト、孫の手と様々なもので叩かれたことを覚えている。

一時はホースの切れ端で叩くのがエホバの証人の信者の中で流行っていた。信者の親の間でこらしめに使う器具や手法の情報共有が行われているのだ。ベルトだと金属の部分があって出血する可能性があるとか、布で首を絞めると跡が残るとか(これは嘘)、体に跡が残りにくいのは太めのベルトだとか、口を抑えると声が外に漏れないなどということである。完全なるサディストの会話である。

カバンに何故かホースの切れ端を入れている老婆信者がいたりして、自分の子供でもないのにこらしめをしたがるのである。完全な変態だ。(本当は自分の子供が組織を離れた寂しさを埋めるべく、これが正しいことだと自分で自分を洗脳しているに過ぎない)

素手で叩けば親の手も痛いし、道具を使った場合でも親の心は痛む。エホバの証人の親たちはそういう都合の良いことを伝統的に言っている。これこそ愛のムチであると洗脳されている。そうして自分の心を暗闇に落としながら、子供たちの心に虐待による大きな傷を残し奈落の底に道連れにしているのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。