エホバの証人(JW)の子供、懲らしめが終わるとき

エホバの証人の子供、屈辱的な懲らしめ

エホバの証人(JW)の親は、自分の子供に対して体罰による恐怖政治を敷いている。この体罰は懲らしめと呼ばれ、いわゆる愛の鞭(ムチ)ということになっている。私も物心ついた頃から、この懲らしめの支配下にあった。

私の家では懲らしめはお尻を叩かれるのがほとんどだった。パンツとズボンを脱いでお尻を丸出し。完全にパンツを下げるので股間側も丸出しになる。少年期にはこの恥辱にも耐えなければならなかった。

いつ頃からこらしめが無くなったのかは覚えていないが、中学生くらいになると既にお尻を叩かれていなかった気がする。おそらく局部に陰毛が生えてきた頃からこらしめが無くなったはず。

お尻を叩かれなくなった、両親の前でパンツを下ろさなくて良くなった。これは大きな喜びのはずなのだが詳しく覚えていない。

当時の私はそれどころでは無かった。両親の愛情と、自分の好きなように生きたいという思いの狭間で苦しむ日々。そして、エホバの証人であるがゆえに変人扱いされる周囲の視線が何より苦痛だった。

エホバの証人の子供としての被害を受けないよう、日常を取り繕って生きるので精一杯だった。

変態的な懲らしめという児童虐待の犠牲者であるエホバの証人2世

暴力というエホバの証人の懲らしめの代償

懲らしめでお尻を叩かれたとき、私は必ず泣いていた気がする。泣かずに耐えたらどうなっていたのだろうか?もっと叩かれたのだろうか?叩かれる前にベルトで10発の刑などと決められるので、泣き出さなかったとしても打撃数が加算されることはなかったはず。

親による懲らしめが終わるときが、子供にとってエホバの証人をやめるきっかけになる。暴力で強制されないのなら、エホバの証人を続ける理由もないから。まずは懲らしめで泣くのを何が何でも耐えてみる。平気な顔をする。

体の痛みなど、エホバの証人の子供であるために受けてきた心の痛みに比べればたいしたことがない。懲らしめで泣き出さずにエホバの証人の親を無言で威嚇する。

私の家では懲らしめが止んだあとは、父親による暴力まがいの制裁が加えられることがあった。当たれば絶対に怪我をするものを投げつけられたり、持っていたCDを割られたり。

これは単純な暴力でなく、一応は私がものみの塔協会に反しているという理由があってのこと。キリストも正当な怒りを根拠に神殿で大暴れしたことがある。

子供のものみの塔協会への信仰を守る(強制する)ためなら、多少の暴力的な行動も仕方が無いというのがエホバの証人の親の見解。とはいえ、

現代日本で信仰の強制は暴力の正当な理由にはなり得ない。どんな理由があるにしろ、暴力は許されない。エホバの証人の親の暴力が止まなければ、出るところに出れば良い。児童相談所でも警察にでも相談すべき。

エホバの証人の親は子供への愛情ゆえに過激な行動に走っているのだが、この愛情は歪んでいて害でしかない。正常な親子関係に戻すためにも、早めに親に懲らしめをやめさせて、目を覚まさせる。

懲らしめや暴力を明るみに出せば、子供はエホバの証人をやめやすくなるし、親も何のために暴力を振るってしまったのか考えるきっかけになる。エホバの証人の暴力に気付いた人は直ちに通報を。


“エホバの証人(JW)の子供、懲らしめが終わるとき” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください