体罰全面禁止国のエホバの証人のムチの現在は?

体罰が子どもに与える悪影響

体罰は身体的な痛みだけでなく精神的な痛みを伴う。みじめさや恐怖心は子供の心の成長に悪影響がある。これは科学的な調査によって明らかにされている。アメリカ合衆国で2002年に発表された体罰の研究成果がある。

体罰を受けて育った子供は、その時には親の言うことを聞くという一時的「効用」があるが長期的には

  • 攻撃性が強くなる
  • 反社会的行動に走る
  • 精神疾患を発症する

などの副作用があることが分かっている。

これはまさにエホバの証人2世として懲らしめというを暴力を振るわれて育った私にまさにあてはまっている。精神疾患は辛うじて免れていると思いたいが、私は攻撃性の強さと反社会的行動で20代を走り抜けてしまった。

体罰を受けて育った子供は言葉や社会性の発達にもはっきりと遅れが見られる。体罰には良いことなど何もない。日本は違うのだが体罰を法律で禁止している国が世界に52ヵ国もある。(2018年6月現在)

日本も2020年2月に体罰が前面禁止になった。全世界で59番目の国として。この記事を書いた2018年から7か国増えた。エホバの証人の王国会館から子どもの泣き声が聞こえてきたら通報するべき。これは社会的義務。※2021年8月9日追記

体罰全面禁止の国のエホバの証人の鞭の現在は?

1979年に体罰の全面禁止の法律を制定したスウェーデンに始まり、ヨーロッパを中心に南米、アフリカなどの52ヵ国(2018年6月現在→2021年8月には日本を含む59ヵ国となった)。

体罰はエスカレートして虐待に至るケースがあり、最悪死に至たらしめることになる。体罰を禁止した国では、虐待も確実に減少しているという報告がある。

こういった国のエホバの証人はどうやって懲らしめという名の体罰を行っているのか。自宅や王国会館などの密室で口をふさいで臀部を強烈に叩いているに違いない。虐待そのもの。

ホバの証人の親は暴力をふるっているという自覚がない。これが大問題である。懲らしめが正しい、子供を鞭打ちしなければならないという強迫観念に囚われている。ものみの塔協会による洗脳の成果。

ムチの手を緩めることが子供のためにならないと信じ込んでいるので力いっぱいに子供を打ち叩く。ものみの塔協会は子供を愛するならムチを振るえと、信者を洗脳している。

ものみの塔協会の懲らしめ止めます宣言は?

体罰禁止の国では、ものみの塔協会はお得意の二枚舌を使っている可能性がある。体罰が全面禁止されている国では、子供に対するこらしめを止めさせている可能性があるのだ。

日本では死人が出る事件になった輸血拒否の教義がエホバの証人には存在する。しかし、実はものみの塔協会によって輸血が解禁されている国がある。しかも、こういった不都合な事項は信者には徹底的に隠されている。

ものみの塔協会は、ヤバそうな国ではさりげなくひっそりと懲らしめ中止にしている可能性もある。唯一の真理の組織のはずが、教義はスルスルと変更するのだ。しかも各国の法律に適合する形で、国によって様々な形で。

日本は懲らしめNG、韓国は懲らしめOKとかそんな感じ。ものみの塔協会も懲らしめ全面禁止にしたのなら、過去の自分たちの指導について詫びるべき。「懲らしめを推奨していたのは、間違っていました」と。

やんちゃなエホバの証人2世の子どもだった私は、ひたすらに懲らしめを受けた。過去に遡り賠償金を払って欲しいくらいだ。

変態的な懲らしめという児童虐待の犠牲者であるエホバの証人2世


“体罰全面禁止国のエホバの証人のムチの現在は?” への5件の返信

  1. はいエホバの証人は裏表有ります!言葉聴いてたら分かりますキーホルダー付けているだけで捨てろですからワンピースの麦わら海賊の物!皆さんどう思いますか?ゴジラ観たら怒られました

    1. 海賊は法に触れるから、ゴジラはそもそも攻撃的だからNGということなんでしょうね。初めは口頭で諭されるだけですが、言うことを聞かないと”こらしめ”と称して暴力に訴える教育方針を、エホバの証人は組織としてとっています。一体どっちが攻撃的なのか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください