エホバの証人の半ケツのとき

エホバの証人が豹変するとき

私は物心ついたときからエホバの証人2世として育てられた。両親ともに熱心なエホバの証人だったので私は厳しいものみの塔協会の教義に従って14歳までを過ごした。王国会館で開かれる週3回の集会には14年間ほぼ欠かすことなく両親によって連行されていた。幼少期は野外を周る伝道活動に週に20時間近くも連れ回された。そしてものみの塔協会の教義には禁止事項が多く苛酷な少年時代を送ることになる。

エホバの証人の親は子供をこらしめという体罰で縛り付けている。親の言うことを聞かなかったりものみの塔協会の教義に反したりするとこっぴどくお尻を叩かれるのである。素手だったり皮のベルトだったり手段は様々だがこれがとても怖かった。今となればさほど痛くないような気がするのだが当時は本当に恐ろしかったのである。

普段は優しい両親が豹変し、いくら謝ろうが泣こうが逃げ出そうが絶対に規定数を叩くまで許してくれないのである。そしてこらしめが終わればいつも通りの優しい両親に戻るのだ。子供は混乱し両親の顔色を伺って生きるようになる。

こらしめの悪影響

こらしめで叩かれる回数は開始前に両親によって決められることになる。犯した罪の重さによって叩かれる回数が上下するのだ。まず犯した罪を理解させ反省を促すためのお説教が小一時間行われる。そもそも無意識的に知らずに罪を犯した場合に体罰を受けることは無かった。親に隠れて禁止されていることをした場合だけこらしめの対象となった。もともと意識的に悪事を働いているのである。充分に罪悪感があるのでこの説教が効くことはなかった。子供の一番の関心は何回ぶっ叩かれるかそれだけである

聖書の中にも鞭打ちの回数が書かれている。旧約聖書の律法で鞭打ちの回数が規定されているし、キリストも死の直前に鞭打ちを受けたことになっている。そういった事例に習ってエホバの証人の親は長いお説教の後でお尻をベルトで10回叩きますと宣告するのである。お前らは裁判官か何かなのかと言いたくなるような傲慢さである。この判決を受けてエホバの証人の子供はまさに半ケツになってお尻をぶっ叩かれるのだ。

叩く側の親も痛いのだとエホバの証人は言う。実際に素手で叩く場合は手が痛むし、子供を叩く心の痛みがあるのだという。叩かれる側の子供にとってはそんなことはどうでもよくひたすらにこらしめを恐れるようになる。そして悪事が露見しないような巧みさを身に付け両親の顔色を伺い体罰を避けるための言い訳が上達していくのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。