エホバの証人の気まぐれ統治体、都合の良い理由は後付け

エホバの証人の気まぐれ教義

『良心の危機』第2章「私が本書を書く理由」、第3章「統治体」から。

エホバの証人組織内の複数人の長老団制について。

  • 1932年、長老制を廃止
  • 1971年、長老団制度が復活

本書ではこの内幕が説明されている。1932年の廃止は、ものみの塔協会2代目会長のラザフォードが集権化のために長老制を廃止。

協会のやり方に賛成しない長老がいたという理由

による。

1971年の長老団制の再導入は

ほんの一握りの人間が実権を持っていたのであり、たった一人の人間(フレッド・フランズ)の気まぐれとも言える決定が世界規模の組織の方針を決定

したことによる。

1993年発行の『エホバの証人-神の王国をふれ告げる人々』ではこの長老制再導入により組織のイメージを持ち上げようと、

聖書の用語に関する「注意深い研究」が「統治体」の監督のもとで行われ、その目的は「聖書に保存されてきた型」に「一層十分に合わせる」ことであり、「神の組織に服し続けることを決意して」、「組織をこの聖書的な型に一層厳密に合わせる」

ためだったかのように書いている。しかし、この姿勢は建前で全部ウソであることが本書で明かされている。聞こえの良い言葉で信者をたぶらかすのがものみの塔の常道。(私にしてみれば、統治体やら聖書、神の組織と、胡散臭さ満点だ・・・)

ものみの塔組織がいかに冗談じみたものか、茶番か。こんなものに人生を賭けるというのは無意味で、どれだけ間違った選択かということが分かる事例。

これは長老団制の導入云々だけではない。一事が万事、統治体の気まぐれで決められていることが3章「統治体」で書かれている。

JW(エホバの証人)の統治体の聖書的無根拠~すりかえ

エホバの証人は『統治体の証人』か『統治体教』に改名しよう

“エホバの証人の気まぐれ統治体、都合の良い理由は後付け” の続きを読む


一緒にものみの塔を崩壊させてくれるエホバの証人大募集!/エホバの証人の会衆・支部ごと排斥大作戦

エホバの証人の会衆・支部ごと排斥大作戦

大昔の話なのだが、エホバの証人の集団排斥事件に関する資料を読んでいる。1978年、北海道の広島会衆の話。(※後日修正、1978年は広島会衆発足の年で、事件は1980年代中頃に発生)

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)

まだ、前半部分を読んでいるだけなのだが、この北海道の広島会衆同様に会衆の集団排斥を連続させることで、ものみの塔協会を足元から崩壊させられるのではないかと考えた。

会衆の長老、出来れば主催監督をたらしこんで(正しい道に導いて)、公開講演でものみの塔の真相を公表させる。何なら私が出張して45分話しても良い。「ものみの塔と私の黒歴史」これで会衆丸ごと洗脳解除する。

会衆の信者たちは、疑いつつも長老の言うことを聞く人もいるはずなので、一定数の効果はでる。その上で、会衆から日本支部を糾弾する動きを始める。ブルガリアで輸血解禁ってマジっすか?とか、千葉の大会ホールの納骨堂の目的何ですか?とか、何でもいい。

支部側は痛いところを突かれて、黙殺するしかない。そして会衆ごと排斥となる。これを複数会衆でやっていけば、ものみの塔の勢力を削れる。

気づけば日本支部ごと排斥。

これを多国籍にやれば、ものみの塔を消滅させることができる。

一緒にものみの塔を崩壊させてくれるエホバの証人大募集!

“一緒にものみの塔を崩壊させてくれるエホバの証人大募集!/エホバの証人の会衆・支部ごと排斥大作戦” の続きを読む


エホバの証人の童貞長老の審理委員会はセクハラ委員会

エホバの証人組織内の告発には二人の証言が必要

インターネットでダウンロードできるJW解約用の資料の第三弾『組織とスキャンダル』。エホバの証人組織内で幼児性虐待が行われ、組織的な隠蔽が行われている件。

エホバの証人組織内では

「二人の証人」がいないと事件は立証されない

と決まっている。写真や音声の録音、動画など決定的な証拠があっても証人が二人いるということだろうか。意味が分からない。証人を二人も必要とするのは、さすがエホバの証人。証人偏重主義。

この証人重視主義のせいで、エホバの証人組織内の児童性虐待が明るみに出ることはない。

普通に考えて、証人一人目は児童本人。二人目がいるとしたら共犯者。でなければ、その証人は犯行を止めろよという話。もしくは同時に二人の幼児が被害に遭ったとかそういうパターン。

つまりは、児童性虐待に通常は二人以上の証人がいる訳ないということ。

童貞長老のセクハラ委員会

“エホバの証人の童貞長老の審理委員会はセクハラ委員会” の続きを読む


エホバの証人に自殺者が多い理由④

エホバの証人に自殺者が多い理由

前回は私の父親の自殺未遂から、エホバの証人に自殺者が多い理由を考察した。父親が夜の海に身投げをしようとした前回の話はこちら

今回はこの続き。シリーズ最後4回目。お互いにエホバの証人をやめた後で、父親から聞いた話。

エホバの証人家族の崩壊と父親の出奔

父親、母親、私が一人息子という、私の家族はエホバの証人家族として、ものみの塔協会の洗脳下にあった。私が生まれた頃から、エホバの証人をやめると14歳の私が宣言したときまで、それが続く。

私が成人し、家を出て一人暮らしを始めた頃、父親、母親の順番でエホバの証人をやめる。この過程で両親は離婚し、一家崩壊となる。父親は離婚と同時に行き先知れずとなり、数年ぶりに再開したときに聞いた話である。

父親は、離婚した後、一人放浪するように日本中を彷徨っていたという。その途中で持ち金が無くなるたびに、死のうと考えた。しかし、その度に最後の有り金で買った馬券が当たったり、これで負けたら死ぬしかないというパチンコで大勝したりした。

まるで何かの力に生きろと言われているかのよう。ギャンブルの神様か?エホバの証人はこんな話をすると、エホバが救ってくれたとか言い出すのだが、背教者に一方的に善行を施す神はいないよね。とにもかくにも自殺する直前で何度も命拾いしたのだという。

世の中には、道半ばで死んでいく者が無数にいる。一方、自殺願望を抱えたまま、生き延びたのは何かの意味があるのかもしれない。そんなことは私にとってはどうでも良く、ただ一人の父親が、こうして生き残り、また話が出来て良かったと胸をなで下ろしたのだった。

カルト宗教にハマり貧困し自殺するエホバの証人

父親はなぜ、何度も死のうと思ったのか?

“エホバの証人に自殺者が多い理由④” の続きを読む


エホバの証人に自殺者が多い理由③

エホバの証人に自殺者が多い理由

なぜエホバの証人に自殺者が多いのだろうか?その理由を考えるために、1回目は、私がエホバの証人2世だった頃に起こした自殺未遂について触れた。

1回目の話はこちら

前回は下記2点について考察。

  • 私はなぜ自殺しようと思ったのか?
  • 当時の私にとって、なぜそんなに命の価値が低かったのか?

前回の話はこちら

今回は私の父親の自殺未遂から、エホバの証人に自殺者が多い理由を考察する。

エホバの証人家族の崩壊

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。両親は熱心なエホバの証人であり、私はその被害者である。私は14歳のときにエホバの証人をやめると両親に主張し、完全にこのカルト教団から離れようとした。

両親は当然引き留めるのだが、それに対して私は徹底抗戦。成人と同時に家を出る。その後、父親→母親の順でエホバの証人をやめることになる。これが21世紀になった直後のことである。

両親がエホバの証人をやめられたのは、おそらくはものみの塔協会の1995年の冗談が原因だと思われる。当たらない予言にさすがに愛想が尽きたというか、目が覚めた、マインドコントロールが解けたのだろう。

1914年の嘘と1995年の冗談

結局、エホバの証人をやめる時間差が問題となり、私の両親は離婚、エホバの証人家族は崩壊したのだった。その父親がエホバの証人やめたあとで聞いた話である。

“エホバの証人に自殺者が多い理由③” の続きを読む


『カルト宗教信じてました。』

エホバの証人2世の実体験のコミック

エホバの証人2世の実体験をコミック化した本です。洗脳が解ける瞬間が鮮やかに描かれています。この本の作者はネットの情報や組織外の書籍を見て、エホバの証人の洗脳が解けています。ものみの塔協会が外部の情報に触れさせないようにしているのは、この解脱が怖いからです。

 

この本の作者は元々、エホバの証人組織の教義に懐疑的でした。信者の頃から自信の子供の輸血を承諾していたり、エホバの証人組織が強要する子供への体罰も行っていません。エホバの証人と言えば輸血は絶対禁止、子どもへの体罰(虐待)推奨の組織です。

この本の作者は、エホバの証人に洗脳されつつも、自分の頭で思考する能力がまだ残っていたのです。それでも、ハルマゲドン、その後の地球のパラダイス化という突拍子もないエホバの証人の教義にはしっかりとマインドコントロールされていました。

どんないい加減な教理でも、子供の頃から繰り返し繰り返し、刷り込まれると脳に染みついてしまうのです。まるでナイフで木に刻まれた文字のように。

“『カルト宗教信じてました。』” の続きを読む


エホバの証人の長老が暴力を振るう原因3つ

エホバの証人の長老の暴力

私はほとんど生まれながらのエホバの証人2世だった。両親ともに熱心なエホバの証人で、子供の頃から厳格にものみの塔協会の教義を押し付けられて成長した。さらに、私の父親はエホバの証人の会衆の長老だった。

会衆とはエホバの証人のコミュニティ単位のことで成員100名程度。長老はその中から数人が任命される。エホバの証人の支店長のようなものである。私の父親は、その長老の中でも「主宰監督」と言われる、会衆で一番の責任者だった。

私はその父親に何度か物を投げつけられたことがあった。小学生の高学年から中学生2年生で私がエホバの証人をやめるまでの頃の話である。

エホバの証人の通常のこらしめと呼ばれる体罰は、ケガをしないようにお尻をベルトや素手で叩く。これはものみの塔協会推奨の教育手段。しかし、子どもめがけて固い本や食器を投げつけるというのは常軌を逸している。

まさか本当にぶつけようとして投げてきた訳ではないとは思う。だが、私の顔の真横をかすめていった固い物体が、部屋の壁に大きな穴を開けたことがあった。私が避けずにいれば怪我は免れなかった。

エホバの証人の長老が暴力を振るう原因3つ

“エホバの証人の長老が暴力を振るう原因3つ” の続きを読む


脱会エホバの証人二世が得る自由は見かけだけの仮のモノ

結局は自分では何も決められないエホバの証人二世

エホバの証人の親は、子供の2世信者が自ら選んだ選択に無条件で同意することは絶対にない。子供の意思よりも神エホバの目からみてかなっているか、正しくはものみの塔協会の教義に沿っているかということを第一優先にする。

特に我が家の両親は父親がエホバの証人の会衆の長老という要職に就き、母親は全時間の※正規開拓奉仕者という筋金入り。その一人息子だった私はガチガチにものみの塔協会の教義に縛りつけられて育てられた。

※正規開拓奉仕者は、当時は年間1000時間もの時間をエホバの証人活動に費やしていた

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられたため、幼児期から少年期の希望が叶うことは一切なかった。私は14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめたのだが、それまでの反動が来る。

生まれてこの方、自分の願望が叶えられたことがないため、私は目についたもの、気になったもの、あらゆるものに興味を示し試していくことになった。

それらは、主にものみの塔協会の教義で禁止されているようなこと。自分の心からやりたいこと、本来やるべきこと成すべきことを取捨選択することが、私には出来なかった。エホバの証人をやめたばかりで、今まで何も得られなかった分、全てが必要なことだと思えた。

しかし、ものみの塔協会の洗脳が解けた訳ではなかったのでハルマゲドンはいつか必ず勃発すると信じ込んでいた。その終わりの日に滅ぼされるので、私は寿命を全うすることが出来ない。限られた生の中で全てのことをやる必要があった。

酒、タバコ、ギャンブル、セックス、車、あらゆる快楽に手を出した。そういう日常の快楽に忙しくしているため、未だエホバの証人だった両親のことを顧みる余裕が私にはなかった。

単純な家族の幸せという、自身の本当に望むことをおろそかにしていたのが、私の10代後半から20代の前半のこと。自分で何も選択せずに、なし崩し的に目の前に現れる反ものみの塔的なものを丸呑みしていく。

これでは、エホバの証人2世としてものみの塔協会の支配下にあった幼少期と同じ。自分で何も決められず、他人の言いなりになっていた頃と同じ。

ものみの塔協会のハルマゲドン延長宣言

“脱会エホバの証人二世が得る自由は見かけだけの仮のモノ” の続きを読む


エホバの証人2世のたった一球でのゲームセット

エホバの証人の二世のたった一球でのゲームセット

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人の二世信者として育てられた。父親は会衆の長老で、母親はものみの塔協会の正規開拓者。エホバの証人で言うところの神権家族。筋金入りの洗脳家庭。

とあるエホバの証人の野外集会のときの話。エホバの証人の集会と呼ばれる集まりは、ほとんどが王国会館という建物で行われる。ただ半年に一度だけ、日曜日の集会が”レクリエーション”を兼ねて屋外で行われる。これが野外集会。

この野外集会をエホバの証人2世の子供たちは心から楽しみに待ちわびている。普段は羽を伸ばして遊ぶことが全く出来ないから。短縮版のものみの塔誌の討議が終わると、持ち寄った昼食を食べて午後からは”レクリエーション”の時間。この日だけは午後からの布教活動もお休み。

我々エホバの証人2世の子供たちは、ものみの塔誌の討議が終わった瞬間に野球を始めた。他の信者が昼食の準備をしているほんの僅かな時間が待ちきれなかった。そのプレイボールの第一球目を私がジャストミート。

ボールは大きく飛んでいき、昼食の準備をしていたエホバの証人信者たちのど真ん中に突き刺さった。とある女性信者の頭をかすめるのが遠目にも見えた。ホームランとはそういうもの。運良く誰にも当たらなかったのだが、軟球とは言え命中していたら多少の怪我は免れなかったようにも思われた。

打ち砕かれるエホバの証人二世の子供の楽しみ

エホバの証人の野外集会の思い出

エホバの証人2世の子供の本当の願い

“エホバの証人2世のたった一球でのゲームセット” の続きを読む


ものみの塔協会が存在を主張する悪魔サタンがいない根拠

サタン≠オカルトアニメ

ものみの塔協会が主張する悪魔サタン一派の地道な活動

ものみの塔協会の教義では、悪霊というものの存在について明確に示されている。悪霊『あくりょう』ではなく『あくれい』と読むのがものみの塔式。

ものみの塔協会の教義ではサタンという悪霊の親玉を筆頭にして数々の悪霊が地上を闊歩しているという設定

サタンは他の宗教だとルシファーなどと呼ばれることも。最も優秀で美しい『み使い』(一般的には天使だが、ものみの塔はみ使い)だった。

しかし、その自らのレベルの高さゆえに神に反乱、地上に下って最初の人間であるアダムとエバ(イブと呼ばれることもあるがものみの塔ではエバ)を蛇に化けて騙した。この辺りはだいたいどの宗教でも同じ。

神によって採集を禁止されていた知恵の実を食べたために、アダムとエバは自分たちが全裸であることに気付き衣類をまとう。人類の創造主に対する最初の罪。原罪。

これは傲慢な創造主に対する知識欲と冒険心のある人類の抵抗。しかし、それ以来人間は寿命を区切られ、労働と産みの苦しみをしこたま味わうことになったという神話。

ものみの塔協会の教義ではこのアダムとエバの原罪以来、サタンは他のみ使いや歴代の聖人、預言者から一般人、キリスト本人に至るまで誘惑を試みていることになっている。

その誘惑に負けた天使(み使い)が悪霊として地上を彷徨っているというのがものみの塔協会の主張。サタン一派がものみの塔協会の教えに背くように人類を誘惑し騙そうとしている。この不毛な活動を悪霊が現在でも地道に続けているという設定

最も美しく優秀と言われたルシファーがそんなことするか?暇かと。この点をさらに掘り下げる。

エホバの証人二世の子供と手裏剣やお化けの折り紙

神の声より子供の声に耳を傾けるべきエホバの証人

エホバの証人が恐れるサタンの目的と手段の不一致

“ものみの塔協会が存在を主張する悪魔サタンがいない根拠” の続きを読む