エホバの証人親子の悲哀

エホバの証人をやめたい14歳

私は生まれながらのエホバの証人2世で、両親がエホバの証人という神権家族でものみの塔協会の戒律に沿って厳しく育てられた。そんな私が14歳になったときの話。14年間もの過酷なエホバの証人生活で、私の精神状態はズタズタだった。

私は今すぐにでもエホバの証人をやめ、親元を離れ一人で自由な生活をしたいと願っていた。私には残された時間は少なかった。それは間もなく、この世界の終わりが訪れると信じていたから。その終わりの日(今となっては、お笑いの日)に、ものみの塔協会に帰依していない私は、天から降り注ぐ業火で焼かれ死ぬと考えていた。

エホバの証人をやめたいのだが、私はものみの塔協会による深い洗脳状態にあった。私はハルマゲドンというこの世の終わりや天にエホバという全能神が存在するという、ものみの塔協会のトンデモ教義を信じ込まされていたのである。

14年間のマインドコントロールの反復による蓄積。小さな子供の脳みそでは、一方的に放り込まれる情報を取捨選択することは出来なかった。ハルマゲドンまでの残された時間で自由を謳歌するために、今すぐにでもエホバの証人をやめたいと、14歳の私は願っていた。

エホバの証人をやめると言い出せない理由

14歳の私は、心の中では完全に背教しエホバの証人をやめていた。であるのに、中学校ではそれを表に出せないことが尋常でなく辛かった。学校やクラスには、同じエホバの証人2世が何人か在籍していた。エホバの証人2世はお互いのスパイである。互いに教義に反していないか監視しあう。

私がものみの塔協会の教義に反して、校歌や国歌を歌ったり、給食の前に合掌したりすれば、すぐに私の両親の報告される。報告されるとどうなるのか?この頃には体罰は終了していたので、厳しい叱責や追求が親からされるだけだろう。

エホバの証人の体罰は、お尻を叩かれる痛みに耐えきれる頃になれば、終了する。もはや母親よりも力が強いので、虐待が意味をなさない。親にすれば、思春期の子どもにとっさに報復・反撃されれば親の権威も失墜する。この恐れが出てきた頃には、体罰はやんでいた。

体罰がなければ、親に私の不信心が報告されるのが怖くないという訳ではない。そんな親でも、やはり親であり、親の期待に応えられない自分が悲しい。それが理由で、エホバの証人をやめると両親になかなか言い出せなかった。自分で言えないことを、横やりのエホバの証人2世スパイに密告されるのも同じことで、そこに踏み出す勇気がなかなかでなかったのである。

哀しいエホバの証人の親子

子が親の期待に応えないと思うのは当然。私も同じだった。ただ私にかけられた期待は、完全なる親の押し付け。しかも親本来の願いではなく、ものみの塔協会の思想を垂れ流しにしただけ。私の親は、もはや親ではなく、思考を停止した洗脳下の親のような者たちだった。

それでも親は親なのである。ものみの塔協会は、親は子を愛せと強く言うし、もともと愛情深い両親で、私は一人息子。親の愛情は感じていた。ハルマゲドンを通過し、楽園で家族三人、永遠の命を享受という親の願いが痛いほど、私に突き刺さっていた。

だが、親は子に自分の考えや願いを押し付けてはならない。強制しても重しになり、足かせになるだけ。子どもを傷つけ、私のようにねじ曲がった大人になる。そんな親は、育った子に捨てられることになる。私が両親を見捨てたように。

だから私が自分の子どもに期待することは、子どもが自分らしく生きること。健康で元気でいてくれればなおさら良い。自分の考えを押し付けても、いつか拒絶を生むし、それが他人の受け売り(私の両親の場合はものみの塔の押し付け)であれば、親には後悔が残るよ。

この頃の私がエホバの証人をやめたいと考えていた理由はこちら

エホバの証人の家族とはこちら


“エホバの証人親子の悲哀” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください