エホバの証人をやめるべき3つの理由

エホバの証人をやめるべき3つの理由

私は、熱心なエホバの証人だった両親のもと、ほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳になる頃にはエホバの証人をやめたいと私は考え始めていた。その理由は3つある。

  1. 人生の実りは、「今」この一瞬にあること
  2. ものみの塔協会の提示する実り、その果実を得ることは出来ないこと
  3. エホバの証人的生き方の格好悪さ

順に説明すると

1.人生の実りは、「今」この一瞬にあること

これは14歳の私が考えたこと。当時、私はサッカーに熱中していて、寝ても覚めてもサッカーをしていたかった。下らないエホバの証人の集会や伝道活動で時間を割かれるのが死ぬほど嫌だった。

今が楽しくなければ、今が輝いていなければ、生きている意味はない。やりたくないことをやらなければならないエホバの証人などまっぴらだった。

これは40才を超えた今でも同じ。若さゆえに人生が輝く訳でもなく(当然、光度は違うが)、楽しんでいるか否かで人生は華やぎ輝くのだ。嫌々にエホバの証人活動をしている「今」には全く意味がない

では、ものみの塔協会の言う果実、実りである楽園に入るまでが辛抱。その後は永遠に楽しみを享受できるという反論がある。それに対しての答えはこう。「今」は一瞬であり、絶対に返ってこない時間だからこそ意味があり、かけがえのないもの。「今」が永遠になったとしたら、ダラダラとした意味のない醜いものになる。

そもそも、永遠の命なんて得られないから。ものみの塔協会の嘘である。ハルマゲドンが来ないとか、パラダイスは虚偽というのは、証明しようがないのだけれど、それを妄信して、そんなものに一度限りの一生を捧げるギャンブルを打つのは愚かとしか言いようがない。

2.ものみの塔協会の提示する実り、その果実を得ることは出来ないこと

これは、例えばの話、エホバの証人の教義通り、最終戦争後に楽園が待っていたらという話。その楽園もエホバの証人であったらという条件付き。清く正しい生き方をしなければならないので、酒池肉林という訳にはいかない。

とうてい楽園とは言えない永遠の監獄なのだが、それでも永遠の命という価値を重くみたらという話である。くどくて悪いが、永遠の命には本当は全く価値がない。命は期限付きだから、燃え上がり輝くのだ。

私は14歳にしてマスターベーションに手を染めていたし、まだ童貞だったので、女性の体に興味津々だった。早くセックスしたいという妄想で頭が破裂しそうだった。これはエホバの証人的に完全NG。エホバの証人の教義では手淫、結婚前の性行為はNGである。

そもそも、ものみの塔協会の提示する永遠の命を私は得ることが出来ない。絶対に。結婚するまでセックスするのを我慢できないから。そして永遠の命を得られたって、永遠のエホバの証人的な禁欲生活なんて無理無理。絶対無理。こんな私がエホバの証人でいる必要なんてないのである。

3.エホバの証人的生き方の格好悪さ

エホバの証人をやめる直前、14歳の私の頭の中は、セックスしたい。サッカーしたい。エホバの証人的、優等生的な生き方は格好悪い。こうだった。

私は単純にエホバの証人が大嫌いだった。子どもの頃からエホバの証人2世であるがゆえに、自由を制限され、恥をかき、辛い思いをしてきた。欲望を徹底的に否定し、エホバの証人活動以外の何かに打ち込むことを禁止する。そんなエホバの証人の戒律が大嫌いだった。私はエホバの証人の教え全てを否定していた。

世俗の権威には、従える範囲では絶対服従。そんなエホバの証人2世たちは、戒律に反しない所では完全なる優等生である。そんな奴らも大嫌いだった。これはマインドコントロールに対する反応で、私の思考が完全に停まっていたところ。エホバの証人的思考は全て否定しなければならないと思い込んでいた。これがエホバの証人をやめた後の人生の反動としてくる。そして大きく回り道することにもなるのだが、それは別の機会に。

まとめるとエホバの証人をやめるべき理由は

  1. 人生の実りは、「今」この一瞬にあること
  2. ものみの塔協会の提示する実り、その果実を得ることは出来ないこと
  3. エホバの証人って格好悪いよ

この頃、14歳の私の話 笑顔のないエホバの証人2世


“エホバの証人をやめるべき3つの理由” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください