『カルト村で生まれました。』

『カルト村で生まれました。』

ヤマギシ会というカルト集団で育った半生をマンガ形式で描いた一冊。この集団は全財産を巻き上げる点や子供に対する強烈な体罰という特徴から完全にカルトであると言える。

中にいる人は情報統制によりまさか自分がカルトの餌食になっているとは思いもしない。この集団は高校卒業時に脱退を自分で選択できる方式になっているのは多少は良心的だが、それまでの感受性豊かな幼少期や少年期は決して取り戻すことが出来ない

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルト村で生まれました。 [ 高田 かや ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/5/30時点)

楽天で購入

 

金が要らない自給自足の生活を営みたい、この本に描かれているのは、その思想が暴走したカルト。物が溢れた現代社会で所有欲を否定するというのは、何でもかんでも手に入れた勝者か、でなければ敗者の遠吠え、現実逃避である。

ただ、思想は個人の自由である。自給自足の禁欲生活をしたければ勝手にすればいい。しかし、無垢の子供をそこに引きずり込むのは悪行そのものである。現代社会になじめないように子どもを縛り付け、育てるのは最悪の虐待行為である。

エホバの証人との共通点と相違点

エホバの証人も全く同じ。極端な話、大人がエホバの証人というカルト被害を受けるのは、もはや勝手である。自分で、カルトという幻想に助けを求め、すがった結果、全てを失った。最悪な話だが、大人であれば仕方がない。自分でまいた種である。受け止め、反省し、やり直せばいい。

だが、子どもの場合はどうなる?私やこの本の著者のように、選択の余地のない子どもの頃からカルトに縛られ、その餌食となったら。子どもにはひとりひとりに個性、長所があり、それを伸ばすのが親の、大人の役目。それを放棄しカルトに任せるというのは言語道断。さらには体罰で縛り付けるというのはもっての他。

このカルトは子どもを親と引き離して育てることが強制されている。ここはエホバの証人と違うところ。親と会って別れる日が悲しいと、作中で語られてる。筆者自身の体験で、親と別れるのが嫌で涙するが、それをものともせず諭す父親、完全に洗脳されている。子どもは親と一緒にいるのが一番。

二つのカルトの共通点である体罰に効果なし

エホバの証人は親子を引き離さないので、この点は問題がないが、逆に問題となるのは体罰。ヤマギシ会の場合は、虐待を行うのは世話係という赤の他人。しかし、エホバの証人の場合は、子どもに対して暴力を振るうのが血のつながった両親になる。

作中でも、作者は子どものころに体罰を加えられた世話係に対して、何とも言えない思いを抱いていた。殺意を抱いていたことすらあった。エホバの証人も同じである。暴力を振るう両親に対して殺意を抱くのは当然、暴力には暴力が返ってくる

この本の作者は体罰を受けている間に笑いをこらえたり、体罰を受けつつ、夕食が抜かれなくて良かったと安心したりする。さらに巧妙な嘘で体罰を逃れようとする。つまり、体罰の効果は一切無い。虐待される子どもはその場をしのぐことだけを考え、大人が望むような方向へは歩まない。体罰は子どもに恨まれるだけで百害あって一利なし

子どもの健康を害するカルト

作者は自律神経の乱れから、小学4年生になってもおねしょが治らなかった。この点はエホバの証人の子どもも同じ。私もよく風邪を引いたし、周囲のエホバの証人の子どもは、アトピーだとか喘息だとか、具合の悪い子どもがうじゃうじゃいた。カルトの毒が子どもの健康を蝕んでいるのだ。

エホバの証人と同じところ

  1. 子どもを巻き込む
  2. カルトである
  3. 幼児虐待を行う

エホバの証人と異なる点

  1. 親子が一緒に暮らせない
  2. 高校を卒業したら脱カルトのチャンスが来る
  3. 季節の行事に対しては寛容

エホバの証人版のコミックは

『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

または『カルト宗教信じてました。』


“『カルト村で生まれました。』” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください