ものみの塔協会に復讐する3つの方法

私は生まれてこの方、ものみの塔協会の洗脳下にあった。14歳でエホバの証人を辞めたのだが、洗脳は解けず。20代前半でようやく、ものみの塔協会の不義に気づき、洗脳解除に至る。

20代前半の私は、いかにエホバに証人らしくない生き方をするかということだけに集中していた。非エホバ、否ものみの塔。これは私にとって、ものみの塔協会への復讐だった。

15年もの歳月を、エホバの証人2世の子どもとして過ごした人生の恥部、失った家族。私は、反ものみの塔的生き方をすることで、その復讐をしているつもりだった。

何々でなければならないというエホバの証人的思考停止状態

20代前半の頃、私は普通の会社員だった。就職氷河期で、なおかつ私は短大卒に過ぎなかったのだが、難なく安定した会社に就職していた。だが、これではいかんと私は考えた。普通であったり、安定であったり、こんな生き方ではいけないと私は思い込む。

なぜなら、真面目な会社員というのは、エホバの証人っぽいから。エホバの証人は会社員にはあまりならないので、真面目な○○というのは、エホバの証人っぽいから。というのが正しい。

エホバの証人のような、真面目な生き方をしてはいけないという強迫観念に私は囚われていた。反エホバ思想者として不真面目でなければならない!私はこう思い込んでいた。

もはやこれでは、ものみの塔協会の洗脳下にあったときと何ら変わらない。何々でなければならない、何々しなければならないというのは、考えるのを止め、楽な方へ楽な方へとただ邁進しているだけ。思考停止のマインドコントロール状態。

私はものみの塔協会のマインドコントロール下にあった。これは20年間に渡る。20代前半にして、ようやくマインドコントロールから自由になった矢先、私はものみの塔協会の逆マインドコントロール状態に陥ってしまったのだった。

パチプロになったエホバの証人

私はスパッと会社を辞め、パチスロで生計を立てていくという大博打に出る。ギャンブルはエホバの証人が嫌うものだし、パチプロなんて不真面目さの極み。私の非ものみの塔活動は極限に達した。

とはいえ、毎日パチンコやパチスロをするというのも楽ではない。勝てる店、出る台を奪取するために遠方に行ったり、朝早くから並んだりしなければならないので、パチプロの朝は早い。夜も遅くまでパチンコ屋にいなければならない。翌日、打つ台を決めなければならないから。

意外にも、私はパチプロとして規則正しい生活を送るはめになってしまう。真面目であってはいけないと、反エホバの証人的生き方としてパチプロになったはずなのに。

そもそも、パチプロのなかにも、真面目な奴から相当にイカれた奴までいる。エホバの証人の中にも、生真面目な奴から、ちょっとふざけた奴、私のように堕ちる所まで堕ちた人間まで存在する。一概に何々ならエホバの証人らしくないなどと言えるものではない

ものみの塔協会に対する正しい復讐の方法

こんなことを考えたのは、つい最近、パチプロだった頃から15年以上経った現在の話。そして、今の私はものみの塔協会に対する正しい復讐の方法についても考え始めている。

まずはものみの塔協会に縛られないこと。プラス方向、マイナス方向どちらにも。当然、プラス方向、ものみの塔協会の思い通りに洗脳されるのは論外。かつての私のように、マイナス方向、反エホバ思想に染まって、暴走して道を踏み外すのもNG。

これこそ、ものみの塔協会の思うつぼ。エホバの証人を辞めると、あんなサタン的な未来が待っていると言われる。それでは何の復讐にもならない。

復讐として、出来ることは楽しく生きること。自分の本当にやりたいこと、心躍ることが出来れば、楽しい。その笑顔がものみの塔協会に対する復讐になる。エホバの証人をやめて良かった。今が楽しいし、寿命までの将来を存分に生きる。そう思えることが、ものみの塔協会に対する何よりの復讐。

そういう生き方をしていれば、現役の信者もこちら側に寄って来る。脱塔に近づく。そうしてエホバの証人信者を限りなくゼロに近づければ。その時にものみの塔協会に対する復讐が完了する。

ものみの塔協会に対する復讐の方法3つ

  1. 脱党後に逆説的にものみの塔協会に縛られない
  2. 現在を含め、将来を見据えて楽しく生きる
  3. エホバの証人をゼロにする

エホバの証人をやめるべき3つの理由

エホバの証人をやめた後で気をつけること3点~この世での生き方


“ものみの塔協会に復讐する3つの方法” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください