エホバの証人の親子やり直し

ものみの塔協会の1995年の悪ふざけ

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳のときに自分の意志でエホバの証人をやめる。これが1994年のことである。翌1995年にものみの塔協会は自身の預言に大幅な訂正を加える。これまでは明日にでもハルマゲドンが勃発しこの世の事物の体制は崩壊するはずだった。それがハルマゲドンは明日というほど早くは無いよという緩やかな預言に訂正されたのである。

明日にでもこの世が終わるのだからとエホバの証人たちは仕事を捨て高等教育を受けることも諦め、ものみの塔協会の不毛な活動に従事していた。それがそんなすぐにハルマゲドンは来ないぜと言われたのである。冗談も程々にしろと言いたい。

1995年の私はエホバの証人をやめたばかりでサッカーに熱中していた。この頃は未だに両親ともにエホバの証人だった。この両親とものみの塔協会に関係することを私はほとんど話さなくなっていた。そのため私はものみの塔協会の悪ふざけのような預言の訂正を知ることが出来なかったのである。

1995年の私は幼い頃からのものみの塔協会による洗脳は解けないままだった。この瞬間にでも天からの落雷で命を落とすのではないかというハルマゲドンへの恐怖心を抱きながらサッカーボールを蹴っていたのである。

エホバの証人の親子関係の修復

1995年の私が終末の期限が延長されたことを知った所でたいしてやっていることは変わっていなかった。若気の至りで統治体をボロクソに言って両親を悲しませ、両親のものみの塔協会への執着を煽るだけの結果になっていたはずだ。ものみの塔協会の頂点に君臨する統治体は何百万人ものエホバの証人に大きな影響を与える重要な教義変更を簡単に出来るだけさりげなく行って取り繕おうとしていたのだ。

私が10代後半だったこの頃には両親とエホバの証人に関する話は全くしなくなっていた。それ以外についてはようやく普通の親子関係になっていたような気はする。ただ両親は未だ現役のエホバの証人で私は深くエホバの証人を否定し忌み嫌い恨む立場の人間だった。この親子関係は擬似的なものだったのかも知れない。

両親はこの頃になって一人っ子だった私を甘やかし始めた節もある。小さな頃にものみの塔協会の教義にがんじがらめにしてしまった罪悪感からだろうか。タバコを持っているのを見られても、「家の中で吸うな」くらいにしか父親には言われなかった。この頃は未成年の飲酒喫煙に関してまだ日本全体が緩い時代だった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。