終わりの日というウソ

危機感と恐怖心を煽り立てる挿絵

最近、空き家となった実家の整理をしている。実家からはおびただしい量のものみの塔協会の出版物が出てきた。両親は20年間を熱心なエホバの証人として過ごした。その期間に集められたものみの塔協会の出版物である。

『目ざめよ!』や『ものみの塔』という薄い雑誌状の冊子が山ほど出てくる。それを綴じて製本した年鑑も年代毎に本棚に並べられている。目にも留めたくないのだが目ざめよ!誌の表紙ぐらいは目に飛び込んでくる。

目ざめよ!誌の表紙はおどろおどろしい写真や絵で彩られている。人々の不安感を煽るためである。冊子の中のページや他の出版物にもそういった挿絵や写真が用いられている。薬物中毒に悩む人の顔は副作用で歪み苦悶の表情を浮かべている。終末が近づいた証として世相が乱れるという聖書の預言がある。その世相の乱れとして殺人、強盗、疫病、飢饉、戦争と言った事象が再現写真や絵で表現されている。

このものみの塔協会の出版物の挿絵が子供の頃から恐ろしくてたまらなかった。中でも怖くて仕方が無かったのが目出し帽を被ったテロリストや強盗犯と毒ガスを防ぐガスマスクを被った人の絵である。あえて恐怖心を煽るように描かれているのである。古臭い写真や挿絵なのだがとにかく恐ろしいのだ。エホバの証人2世は子供の頃からこうして危機感を煽られ、現在がハルマゲドン間近の終わりの日であると洗脳されるのである。





終末とは言い難い退屈で平和な世界

ものみの塔協会の恐ろしい写真や挿絵に脅かされた少年時代を経て14歳で私はエホバの証人2世をやめた。37歳の今でも目出し帽やガスマスクにはある種の嫌悪感がある。しかし実際にものみの塔協会の挿絵に描かれているような危険な事象を体験したことがあるかと言えば答えはノーである。

殺人、強盗、疫病、飢饉などが身近で起こったことなどない。田舎暮らしが長く今でも地方都市に住んでいるということもあるが、そんな危険な目に遭ったことなどないのである。戦争は遠い海の向こうのテレビの中で起こっていることだし、最近の東アジアの国交関係の悪化もほとんどテレビを見ない私にとってはあまり関係がない。

幸運なことに目出し帽を被った邪悪な存在には一度も会ったことがない。ガスマスクが必要な毒ガスの攻撃が周囲で起こったことはないし、国内で起こった放射能汚染も私にとっては遠いテレビの中の出来事だった。

私の危機感が足りないと言えばそれまでだが、それでもものみの塔協会が訴えるように世の中にありとあらゆるあらゆる悪事が溢れているということはないエホバの証人はマインドコントロールにより危機感が煽られ、自ら危険な事象を引き寄せているのである。田舎暮らしのエホバの証人はちょっとその辺を見渡してみれば良い。目ざめよ!誌の表紙とは縁遠い退屈で平和な日常が送られているはずである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。