パウロの目から鱗

ものみの塔協会によりねじ伏せられてきた真実

私はほぼ生まれながらにして、親ゆえの強制エホバの証人2世信者だった。14歳のときに自分の意志でエホバの証人をやめたものの、20歳を過ぎたばかりの頃は未だにものみの塔協会の洗脳下にあった。

来たる終末のハルマゲドンに怯える日々だった。いつハルマゲドンで死んでもいいように、やり残すことの無いように幼い頃から禁止されてきたことを着々とこなす自堕落な日々を過ごしていた。

浴びるほど酒を飲み、ギャンブルに明け暮れ、不特定多数の女性と関係を持つという反エホバ的生き方。そうしながらハルマゲドンで滅ぼされる日を待っていた。

そんな日々の中、私はインターネットでエホバの証人について調べることになった。ハルマゲドンっていつ来るんだ?インターネットで「残りの者」があと何人残っているのか調べればおおよそ判断できると考えた。

残りの者とは死後昇天するエホバの証人の選抜組のこと。こいつらが全員死んだらハルマゲドンが勃発するという設定。残りの者の人数はきっちりものみの塔協会がカウントして発表している。残りの者の選抜はとうの大昔に終わっているのであとはカウントダウンされるだけだった。

そして私は、インターネットで残りの者の人数が何故か増えているのと同時に、ものみの塔協会の不義の数々について知ることになる。

  • 残りの者の人数が増えている。
  • ブルガリアでは輸血が解禁されている。
  • ものみの塔協会初代会長チャールズ・テイズ・ラッセルの墓がある。しかもその墓はピラミッドの形状をしている。
  • ものみの塔協会の会長職は選挙で選ばれている。
  • ものみの塔協会はちゃっかり国連NGOに加盟していた。しかもこれが露見するとそそくさと脱退した。

幾つもものみの塔協会にとって都合の悪い案件があったのだが、どれ一つでも私にとって充分だった。

隠蔽体質のものみの塔協会によってねじ伏せられてきた真実と偽造された預言、ものみの塔協会に対してうっすら感じていた矛盾や疑問が一気に解決したものみの塔協会はエホバの証人を騙している

パウロの目から鱗

まさに”目から鱗”状態。宣教者パウロがまだ迫害者だった頃、神の奇跡というか嫌がらせで目が見えなくなった。その後アナニアによってパウロの目が回復させられる。この際に、目から鱗のようなものが落ちたというのが”目から鱗”の語源だと言われている。

洗脳されている人はまさか自分が洗脳されているとは思っていない。エホバの証人は、他のカルト被害者の洗脳具合を見て哀れに思っているのだが、その自分がものみの塔協会のマインドコントロール下にあるとは思いもしない。人のふり見て我がふり直せとはよく言ったもの。

真理を語ると自称する組織が、都合の悪いことを隠蔽する。たった一つでもそういった不義があるということを知るだけで私の洗脳が解けるのに充分。神エホバもキリストも存在しない。そしてハルマゲドンも来ない。うすうす疑っていたことに全て合点がいった。

これはつい最近、調べていくうちに知ったことだが、エホバの証人が使用している新世界聖書そのものが欺瞞的な翻訳になっている。ものみの塔協会にとって都合の良いように、組織の頂点に立つ統治体に権威が与えられるように言葉を翻訳している。

その偽聖書を元に書かれたこの教団の出版物に関しても同様。真理を告げるためではなく、ものみの塔組織のために、統治体のために書かれた出版物なのである。

エホバの証人の「終わりの日」というウソ


“パウロの目から鱗” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください