エホバの証人のこらしめという名の体罰

エホバの証人のこらしめという体罰

エホバの証人の王国会館で開かれる集会の最中に泣き出す子供もいる。そういった子供は、王国会館の外や声が漏れないような別室に連れて行かれる。小さな子供にとって2時間近くも大人しく座っているというのはなかなかの苦行なのである。ちょっと大きくなった子供だと、集会中に静かにしていないとこらしめと称して体罰を与えられる

たいていの場合はズボンを脱いで、お尻を数回叩かれることになる。大人の素手で思いっきり叩かれたり、ベルトで叩かれたりとエホバの証人のこらしめの種類は様々である。ターゲットがお尻になっているのは、骨折のような怪我をすることもないし、叩いた跡も目立たたないからだろう。

こらしめは王国会館の集会中だけに行われる訳ではない。エホバの証人の家庭では日常的にこらしめと言う名の体罰が行われている





世代を超えてさらに拡大するエホバの証人の体罰

私が子供の頃の1980年代にはそういったエホバの証人の体罰が問題化することは無かった。これはものみの塔協会が情報統制をしていて、私は組織の只中に捕らわれていた子供だったので耳に入らなかっただけなのかも知れない。ただ、こらしめの時には子供の声が王国会館の外に漏れないように、外部の人に不審感を与えないようにと、正式なメッセージとして組織側からは発信されていた。もしかすると既に過剰な体罰問題が露見し始めていた頃だったのかも知れない。

最近ではエホバの証人の体罰は暴力、虐待事件として取り上げられるようになった。親に不条理な体罰を受けて育ったエホバの証人2世たちが、自身の子供にこらしめを与えるという世代交代が始まったこともその一因ではないだろうか。

エホバの証人2世はものみの塔協会の偏った教育を受け、深い洗脳状態にある。彼らは成長しても姿形が大人になるだけである。エホバの証人の2世は人を罰することが出来るほど精神的に大人ではない。そのため彼らのこらしめは限度を超えてしまうのだ。

エホバの証人2世は子供の頃から厳しい教義に縛られ、この世のほとんどの行事に参加することを禁止される。その抑圧状態と親からの体罰、洗脳によるハルマゲドンに対する恐怖によって歪んだ精神状態で成長する。そして、彼らの次の世代のエホバの証人の子供たちはさらに歪んだ教育を受け育っていくのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。