エホバの証人の嘘

エホバの証人をやめたいという願いと恐怖

私は物心がついた頃には既にエホバの証人2世として育てられていた。いつかエホバの証人をやめたいと漠然と考え始めたのは10歳を過ぎた頃である。ものみの塔協会の厳格な教義のせいでやりたいことが何も出来ない幼年期から少年期を過ごした。集会や伝道奉仕活動による時間制限のせいで常に自分の意思や願いを果たせなかった。

これはいつかエホバの証人をやめて自由になるしかないと私は思っていた。そう思いつつもやはり正規のエホバの証人となってハルマゲドンを生き残る方が賢い選択なのだろうかとも迷っていたのもこの10歳の頃である。

ハルマゲドンを通過すれば楽園で永遠の命を享受することが出来る。これはものみの塔協会がついている大きな嘘のうちの1つである。冗談のような話だがエホバの証人たちはこれを真剣に信じている。これがマインドコントロールということだ。

エホバの証人2世に至っては子供の頃から両親やエホバの証人信者たちに酷く脅されているのでハルマゲドンや神エホバ、キリスト、悪魔サタンやその他の悪霊に至るまで恐怖心を抱いている。エホバの証人2世の子供のほとんどは強烈な洗脳下にあるのである。

エホバの証人をすぐにやめるべき理由

私は10歳を過ぎた頃にハルマゲドンを通過し楽園に入るという希望は叶わないという結論に至る。それは少年の私がマスターベーションをやめられなかったからではない。私が本当は楽園入りを望んでいないからだ。エホバの証人として永遠に生きることを私は望んでいなかった。

禁止事項の多い堅苦しい教義に縛られ真面目な顔をして王国会館に通い続けるのはもう嫌だった。家から家へと毎日毎日伝道するのは苦痛でしかなかった。一見すると真面目に見えるだけで裏では何を言っているか分からないエホバの証人信者たちには全く魅力を感じなかった。そんな奴らと楽園で永遠に一緒に暮らすなどまっぴらだった。

私はどうせハルマゲドンで滅ぼされるのだからエホバの証人をやめようと思ったのではない。ものみの塔協会の厳格な教義や王国会館に週3回通うことや週に6時間も野外を歩き周る伝道奉仕活動から自由になりたい。これがエホバの証人をやめたいと思ったきっかけである。何の快楽も無い永遠の命と刹那の自由を天秤にかけた結果である。

人生は短い。貴重な時間をものみの塔協会に搾取されてはいけない。ハルマゲドンは絶対に起こらないし永遠の命など有り得ない。そもそも永遠に生きても楽しいことなんか無いよ。人生の時間は限りあるゆえに貴重で輝くのである。


“エホバの証人の嘘” への3件の返信

  1. 研究生です。
    世俗の生活では、周りから羨ましいと思われるような人生を送っていました。
    世界的な企業で働き、裕福な暮らしもしました。
    ただ幸福感は一時的なものばかりでした。
    人が舵をとる生活には限界があるからだと感じました。
    人の判断、決断には限界があります。

    あなたはとても賢い方だと思います。
    以上です。

  2. 自分の人生は自分で舵を切らなきゃダメです。一度きりの人生は自分の頭で考え決断しないと後悔が残りますよ。人生の決断はよほど信頼のおける人の言うことを「参考にする」程度です。その後で自分の頭で考える。たまたま家にやってきたのか街頭で会ったのか、どこの馬の骨とも分からないような人間の良いなりになっちゃダメです。彼らは紛れもないカルトの被害者です。研究生なら引き返しましょう。ちょっと彼らに聞いてみると良い。彼らの財産がどれだけか、両親親戚との関係は?体が健康か?彼らみたいになることで幸福感なんて得られるはずはありませんよ。

  3. エホバの証人は、おお嘘つきです。なぜなら、イエスは神様だからです。ヘブライ1:6後半「神のみ使い全て彼(イエス)にひれ伏せよ」とあります。イエスが大天使ミカエルだと主張するエホバの証人の教えがこの聖句でおおうそだとわかります。み使い全てとあります。ミカエルも神のみ使いの一人です。イエスがミカエルなら、自分が自分にひれ伏したことになり、偶像崇拝になります。また、死により罪が放免されると教えていますが、罪を持ったまま死んでも放免されません。
    死はサタンがもたらしたものです。その死を
    利用して神様が罪を放免されることは絶対ありません。イエス様がなくなられたのは、人間の全ての罪を放免するためです。イエス様に信仰を持っているクリスチャンたちの罪がゆるされ、天国に入るための資格が与えられました。古い自分がしんで新しい自分が生まれたという意味の死です。エホバの証人こそ、サタンの化身です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください