エホバの証人の王国会館の狂気

エホバの証人の集会は危険な洗脳の始まり

エホバの証人の集まりは集会と呼ばれる。信者たちは王国会館と呼ばれる集会所に集まり、その集会に参加する。集会では公開講演と呼ばれる単独の講演や、機関紙「ものみの塔」の討議などが行われる。

エホバの証人の信者は集会の間、熱心にノートをとる。決まりでもないのだが、皆が必死に大学ノートに公開講演の内容などを書き取っている。こうなると同調圧力が働き、ノートにいっぱい書き取った信者が立派という雰囲気になり始める。

何となく王国会館に来たという人も時間が経つと同じように変化していく。女性信者に集会に連れて来られた未信者の旦那さんなども、初めのうちは居眠りしていたり暇そうな顔をしたりしているものだ。

しかし熱心にノートを取っている子供の2世信者を見て、次第に変化していってしまう。子供までもが壇上からされる小難しい話を熱心に聞いている。大人である自分がふざけている訳にはいかないとどうしても思い込んでしまう。

エホバの証人とは、こんなにお利口に子供を育てることが出来る宗教なのかと勘違いしてしまう。実際は、大人しく座っていないと懲らしめ部屋でゴムホースで思いっきりお尻を叩かれるから、それが嫌で子供たちは大人しくしているのだ。

このように、エホバの証人の子供たちは新たな信者を獲得するためのネタにされている。これがものみの塔協会の洗脳手段の第一歩。

強烈な洗脳効果をもたらすエホバの証人の公開講演

公開講演と呼ばれるエホバの証人の集会での講演は、男性信者による45分程度の話。熱い言葉を繰り返す半端な選挙演説のような雰囲気。繰り返される熱烈な言葉に、話し手の抑揚と身振り手振りが加えられる。尋常でない暑苦しさ。

今思うと馬鹿馬鹿しいのだが、王国会館の中にいる信者たちはその暑苦しさに陶酔し、一体感に包まれてしまう。

「神の言葉を宣伝し、宣伝し、宣伝しましょう!」うるせーっつーの。

講演の後は信者たちの止まらない拍手が、演者が壇上を降りた後でも続く。この拍手にも聞き手たちの感覚を麻痺させる洗脳効果がある。

ものみの塔協会は、歌手のコンサートなどで熱狂することを禁止している。神エホバ以外のものを崇拝してはいけないから。一個の人間に称賛の嵐を送ることは人間崇拝になるというこじつけで、ファンクラブに入ることなども禁止。

ところが自身の教団の講演ではその内容に陶酔し、いつまでも熱狂的に拍手をすることを求めている。この王国会館の狂気、異常さを思い出すと寒気がする。そして、つまらない講演を聴かされ続ける子供たちや初めて集会に来た人たちの精神に暗い影を落としていくのである。

これがものみの塔協会のマインドコントロールの始まり。

エホバの証人の聖書研究は体系だったマインドコントロール手法


“エホバの証人の王国会館の狂気” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください