元エホバの証人2世の高校デビュー

私は中学2年生のときにエホバの証人をやめる。いわゆる脱塔。そして高校へ進学することになる。この頃は、村民全員が知り合いのような地方の超田舎に住んでおり、私がエホバの証人の子供であるというのは周知の事実だった。

この状態から脱するために、高校は出来るだけ離れた学校を選択した。専門性の高い学校であったために、学区外だったが通うことができた。こうして身の回りに、かつてエホバの証人だった自分を知る人がいない環境へ進学

私は、ついにエホバの証人でない自分として、高校デビューすることができた。田舎暮らしが嫌で仕方がなかったので、都会(といっても地方の郊外で田舎は田舎であるが)の学校へ通うことも楽しみだった。

そうして進学した私は、いまだエホバの証人だった両親から聞きたくもないことを聞かされる。進学した先のクラスになんとエホバの証人2世が2人もいたのである。片方は献身までしているという。

献身することでものみの塔崇拝という罪を犯すエホバの証人

献身とはバプテスマとも呼ばれ、キリスト教の洗礼のような儀式である。これを受けたエホバの証人は、身も心も何もかも全財産をも、ものみの塔協会に捧げるという誓いを立てたことになる。

表面上は神エホバに対して献身となるのだが、実質はものみの塔協会という組織に対しての献身である。この組織の戒律や信者の生活は、ものみの塔協会というカルト組織が握っている。

このため信者たちはものみの塔協会組織に対して献身し、知らず知らずに組織崇拝という罪を犯しているのだ。ものみの塔協会自身が偶像崇拝など神以外への崇拝を禁じているというのが皮肉な話だ。

元エホバの証人2世のトップシークレット

せっかく、心機一転エホバの証人と関係のない高校生活を送ろうと思ったのだが、同じクラスに2人もエホバの証人2世がいる。どうやら、そのクラスメイト2人も私が元エホバの証人2世だと知っているようである。

エホバの証人の情報網はすさまじい。どこどこのクラスにエホバの証人がいると親から言われるのである。クラス内でバラされると、私の高校デビューという目論見が無に喫してしまう。

打つ手もなく、私は新クラスメイトのエホバの証人2世の動向を探っていた。エホバの証人どおしで絡んでいるようだったが、私に対しては積極的には接触してこない。

しかもクラス内に対して自分がエホバの証人だと表明もしないようなのである。確かに高校になって、給食の前に合掌があったり、毎朝校歌を歌ったりといったことは無くなり、エホバの証人として過ごしやすい環境には思えた。

エホバの証人2世の学校生活が過酷なパターンはエホバの証人2世の小学校生活

それにしても、こんなに信仰を周囲に表明しないことが、エホバの証人として許されるのか?私以外のクラスメイトは、彼らがカルトの子だとは気付きもしないで学校生活を終えた。ちょっと内向きで、他とはつるまない奴らという印象だけ。

都会のエホバの証人は、隠れエホバの証人として生きていくことが許されるのかと、私は驚いたのだった。これはこれで都合がよく、彼らが積極的にエホバの証人であることを明かさないのであれば、完全に人畜無害な存在だった。

放っておけばいい。こちらはこちらで高校生活を謳歌するだけ。このように、私は、かつて自分がエホバの証人2世だったことをトップシークレットとして生きていくことになった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください