神戸高専剣道実技拒否に見るエホバの証人の戦い好きな性質

エホバの証人はなぜ剣道実技を拒否するのか

ものみの塔協会は、新世界訳聖書という自分たちにとって都合よく書き換えられた聖書を使用している。その中に下記の一節がある。

彼らはその剣をすきの刃に、その槍を刈り込みばさみに打ち変えなければならなくなる。国民は国民に向かって剣を上げず、彼らはもはや戦いを学ばない”

ものみの塔協会は、この一節を信者のエホバの証人に文字通りに厳格に適用させている。そのため、エホバの証人たちは兵役を拒否学校の武道の授業も拒否する。

神戸高専剣道実技拒否事件とは

世間でも有名になった日本のエホバの証人2世の事件がある。神戸高専剣道実技拒否事件である。高等専門学校に通う数人のエホバの証人2世が剣道の授業の受講を拒否した。上記の戦いを学ばない精神に乗っ取ってということ。

実際には全く授業に参加しなかった訳ではなく、見学してレポートを出した。しかし、結局は単位を貰えず進級出来ないという事態に陥る。これは計5人。留年した5人は翌年も同じ剣道の授業を受講することになる。

なぜか3人は翌年は及第点を得て進級する。これはポッキリ信仰が折れたのだろうか。かなりの同情の余地がある。あとの2人は翌年度もかたくなに拒否。1名は自主退学。もう1名は学校側から退学処分を受ける。

偶像扱いされることになったエホバの証人2世

退学処分を受けたエホバの証人2世は自らの信仰を守るために学歴を投げ打ったということで、教団内では聖人扱いされ伝説になった。私は全然違う地域に住んでいて見たこともない赤の他人だったのだが、「彼は立派なエホバの証人2世だ」と親に言われた。「見習いなさい」と。

ものみの塔協会は彼らの信仰心の篤さを組織の内部に宣伝し、試練に耐えて信仰を守り抜いた素晴らしいエホバの証人2世という偶像を造り上げたのである。

とはいえ、進級した思春期真っただ中の本人たちにしてみれば、お先真っ暗な学校生活が待っている。高専は5年制で、この事件は入学1年目に勃発。あとの4年間はもはや変人扱い確定。

この事件は最高裁に至るまでの裁判沙汰になる。退学処分された学生側が違憲として訴えたため。結果、最高裁では憲法で保障されている信教の自由が認められる判決となり、退学処分となった学生の復学が認められた。

裁判で時が経過し、この”元”学生は21歳。短大相当の第4学年への編入も可能だったのだが、あえて元通りの2年生へ復学。21歳にして16~17歳の高校生のクラスの中へ突入していった。通常の神経では耐えられないレベル。さすがの偶像である。

論争好きなエホバの証人

この判例はエホバの証人に有利な事例としてものみの塔協会によって宣伝されている。エホバの証人2世はこれを盾にして武道の授業を断固拒否。学校側としても裁判沙汰になるのは望まない上に、既に判例が出てしまっているのでエホバの証人側の要求を飲まざるを得ないのである。

係争を徹底的に行い、自らの要求をゴリ押しするというのは果たしてエホバの証人という理想のキリスト教徒に”ふさわしい”行為だろうか?

これに対して、「我々は迫害や試練に対しては毅然とした態度で臨みます」というのがエホバの証人の模範解答。毅然とした態度というのは便利な言葉だが、結局は論争を巻き起こして世間を騒がせているだけ。

裁判での係争という争いは自らが決して学ばないと誓っている戦いと何が違うのか?相手の弱みを攻める周到さが裁判には必要である。その係争相手に愛情を持ち続けることは出来るのか?

また、エホバの証人は自らの利益を守るために司法という”この世”の上位の権威にすがっている。普段は軽んじている”この世”の権威に希望を託すというのはエホバの証人のご都合主義を象徴している事例である。

エホバの証人は戦いを学ばないわりには、裁判できっちり勝訴を勝ち取るという勝負強さを見せる。論争好きなエホバの証人は普段の鬱憤をこういった場ではらしているのだ。

元エホバの証人2世の高校デビュー


“神戸高専剣道実技拒否に見るエホバの証人の戦い好きな性質” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください