ノストラダムスよりも焦っていたものみの塔協会

エホバの証人の教育方針

私は物心ついた頃からエホバの証人2世として育てられた。そのため幼稚園や保育園といった幼児教育を一切受けることがなかった。エホバの証人の子供にとって通常の教育は不要という風潮がこの頃のものみの塔協会にあった。私がエホバの証人として幼児期を過ごした1980年代、わたしがようやくエホバの証人をやめることが出来た1990年代前半までのことである。

義務教育だけは仕方が無いので受けさせるが高等教育も不要であるとされていた。間も無くハルマゲドンが来てこの世の仕組みが全部無くなるからである。結局ハルマゲドンは当然のように起こらず21世紀が順調にやってきた。ノストラダムスも真っ青である(ノストラダムスの大予言で騒いでいたのは日本人だけらしいが)。

この頃に中卒でエホバの証人の活動に従事させられた人々は今頃どうしているのだろうか。学歴が人間の価値を決める全てでは無いが、簡単に手に入れられたはずのものをあえて手放すという生き方に意味を見つけることが出来るエホバの証人2世がいったい何人いるのだろうか。既に後の祭りである。

1990年代後半になるとどうやらハルマゲドンが来ないということをものみの塔協会の上層部も悟ったようである。もっと早く気付けよという話だが。そのため工業系など職能のための高等教育は生活の糧を得るために受けても良いということになったのである。





見知らぬ家の呼び鈴を鳴らす恐怖

小学校に入る前の私は幼児教育を受けなかった代わりに熱心なエホバの証人だった両親によってものみの塔協会の伝道活動に連れ回されていた。同年代の子供のように遊ぶことも出来ないし、夏の暑さにも冬の寒さにも関係なくひたすら家から家へ巡らなければならないのである。私はこれが嫌で仕方が無かった。

もうちょっと年齢が上がると親と交代しながら実際に伝道活動をさせられることになった。見知らぬ家の呼び鈴を鳴らして、ボランティア活動で来ましたと始めなければならないのである。自分の番が来て家のブザーを鳴らさなければならない時はいつも留守であるようにと願っていた。今でも見知らぬ家の呼び鈴を押さなければならない夢を見てその恐怖に駆られることがある。

また小学生の高学年くらいになると学校の同級生のいる地区を伝道奉仕活動で周るのがとても嫌だった。最悪同級生の家の呼び鈴を鳴らさなければならないのである。私が伝道に出ているということは学校が休みなので同級生も在宅の可能性が高い。かしこまった服装で両親と一緒に歩き回っている姿を同級生に見られるという恐れもあった。翌日の学校で何を言われるか解ったものではない。これは思春期の子供にとってはひどく苦痛なことだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。