神の声より子供の声に耳を傾けるべきエホバの証人

ドメスティックバイオレンス大好きエホバの証人

私はほぼ生まれながらのエホバの証人2世。小学校に入る前から両親に連れられてものみの塔協会の布教活動に従事。しかし、子供の私はこの自称伝道奉仕活動が大嫌いで行きたくなくて仕方がなかった。

ただ伝道奉仕が嫌だとか親に言おうものなら、とんでもない懲らしめが待っていた。懲らしめとは単純な体罰。お尻をベルトや素手でこっぴどく叩かれる。しかし、私の両親も大多数のエホバの証人の親もDV好きの暴力人間ではない。

エホバの証人の親は深い洗脳状態にある。子供がものみの塔協会の規定に沿わないことを言い出すのは、悪魔サタンの誘惑に屈しているからだとものみの塔協会に教え込まれている。

エホバの証人は、明日にでもハルマゲドンという終末が来ると洗脳されている。大艱難を親子で生き残るためなら、子供のお尻くらい簡単に何度も何度も叩く。そこで手加減することこそ、悪魔サタンの誘惑に自分が屈することだと思い込んでいる。

エホバの証人の親は、子供を悪魔から引き戻すために懲らしめという暴力行為に及ぶ。最初はそうなのだが、暴力は麻薬。子供は叩けば言うことを聞くので、悪魔云々関係なく、親の思いどおりにするために簡単に手をあげるようになる。

エホバの証人の神権的戦術という詭弁

とあるマンションでのエホバの証人の布教活動中に、私と両親はエレベーターに乗る。私がまだ幼児の頃。エホバの証人はマンションなどでも一部屋一部屋漏らさず布教のために訪問する。

オートロックのマンションでも簡単に侵入してくる。以前に私も呼び鈴を鳴らされてドアを開けると、いきなり目の前に汚らわしい「ものみの塔誌」を持った二人組がいてぞっとした。

オートロックのマンションだったのだが、荷物の配達員や住民に紛れて入り込んだのか、それとも在宅だった住民に開けさせてそのまま忍び込んだのか。

エホバの証人は神権的戦術と称して、社会的なルールや常識などは無視しても構わないと洗脳されている。エホバ神の是認があるとものみの塔協会が決めたことならば、社会のルールは無視される。この独善的な姿勢がものみの塔協会を危険なカルト教団にしている。

神の声より子供の声

さて、そうしてマンションに忍び込んだ子供の頃の私と両親。エホバの証人の布教活動中にマンションのエレベーターに乗る。階段は大変なので普通にエレベーターを使用していた。ここら辺も住民に遠慮なし。図々しさ抜群のエホバの証人。

ところが、エレベーターのドアに私の手が挟まれてしまう。エレベーターのドアに手をついていたため、重なり合うドアの板と板の間に手が引き込まれてしまったのだった。伝道中だった両親は、痛くて泣き出した私を仕方なく病院へ連れて行くことにする。

この時は両親と一緒に伝道に出かけていたのだが、私を病院に連れて行ったのは母親だけ。父親は伝道中のエホバの証人たちをまとめるリーダー的な役割を果たしていたので、伝道活動を離れることが出来なかった。

父は、子供が大怪我をしたかも知れないのに伝道活動を優先させたむしろ伝道中に手を怪我するなんて他の信者にいい迷惑だと恐縮していた。私の両親は明日にでもこの世の終末が来るという強烈な洗脳下にあったので、ものごとの優先順位の区別すらつかなくなっていた

私は、病院に父親が来てくれなかったことにショックを受けた訳でもなく、これで今日の伝道は終了、ラッキーだと思っていた。とはいえ、怪我をしたのに母親には怒られ、私は自分が悪いのだと思い込む。

しかし、怪我をしたのは私の不注意ではあったが、エホバの証人の布教活動で他人の家のエレベーターに乗らなければ、こんな事故は発生しなかった。毎日、毎日布教活動に出かけていた親のせい。それを子供に叱りつけるというは、親の教育方針としては完全にアウト。

親自身が自分を省み、子供の望み、声を聞く、という姿勢の欠如。何もかも自分たちが正しいという思い込み。その思い込みのせいでエホバの証人として深い罪を犯し、自分自身の人生を大きくを損なわせることになる。後の一家離散につながる。

子供の私は、「怪我をすれば、布教活動で見知らぬ家の呼び鈴を鳴らさなくても済むかも知れない」と思い始める。これが後の私の自傷行為につながる。とはいえ、この時のケガは軽傷で、その後すぐに布教活動に復帰させられたのだった。もう休ませてやれよ・・・。

私の両親は週に3回もエホバの証人の王国会館の集会に通い、毎日の布教活動に出かける暇があるのなら、子供の話に少しでも耳を傾けるべきだった。

エホバの証人2世の自殺と自傷行為

エホバの証人2世の悪夢とトラウマ~癒えない傷


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください