ハルマゲドンは怖くない

ハルマゲドンという幻想

エホバの証人として生きるというのは決定的に間違った人生の選択である。百歩譲って、ものみの塔協会がついている最大の嘘であるハルマゲドンが来たとしよう。ものみの塔協会に属していない我々は滅ぼされる。それで良いではないか。自分の生涯を自分の決めた目的のために生きれば良い。煩わしく長過ぎる永遠の命など生命の輝きを損なわせる以外の何物でもない

あなたは永遠に生きて何をするつもりなのか?堅苦しい戒律を守り続けなければならない永遠には私は何の魅力も感じない。あらゆる快楽を得られないままエホバの証人だらけの世界で生きていくなど気が狂いそうだ。神は心の隅にいればいい。そして魅惑の果実は手に取って、今この瞬間に食べるべきなのである。

今この瞬間を大事にして、後悔の無い生き方をしていればいい。そうすればハルマゲドンは怖くない。死ねば終わり、無になるのである。地獄に落とされるなんてことは無い。それはエホバの証人ならば良く知っていることだ。しかもハルマゲドンは起こらないのである。あなたは寿命まで生きて死ぬのだ。楽園で復活することはない。現在の生に集中し全力で生きるべきなのである。





ハルマゲドンでの滅びを覚悟したエホバの証人2

私は14歳でエホバの証人をやめたあとサッカーに熱中した。そしてサッカーに飽きるとものみの塔協会に禁止されたあらゆる快楽を手に入れようと試みた。ものみの塔協会の厳しい戒律に縛られた14年間の反動である。この頃の私は未だ深いものみの塔協会による洗脳状態にあった。ハルマゲドンは近いうちに起こると信じて込まされていたのである。そう信じて疑わなかった私には時間がなかった。ハルマゲドンで死ぬのは覚悟の上だが、自分の生がとても短いだろうとは思っていたのである。

幼少期に手に入れて然るべき、今となっては下らない子供だましのもの、しかしその頃に体験しておくべきだった経験、私はそういったものを強く追い求めることになる。そんなに価値のない平凡な学校生活や時間の浪費としか思えないテレビゲームも、その年頃には体験しておくべきものだった。本人にとってはそういった一般的なものを手に入れられなかったことの持つ意味は大きい。自分が特殊で異端な恵まれない存在だった悲しみの象徴である。

そういったものを追体験しつつ、さらにエホバ的でないものを追い求めていく。喫煙、飲酒、異性との交際、ギャンブル、圧倒的に非ものみの塔的なものを求め続けた。暴力や窃盗といった犯罪に過度に手を染めなかったのは、幸運だったとしか良いようが無い。露見する可能性と犯罪に対する報いなどを天秤にかけただけの打算的な判断だった。重大な罪を犯さなかったのは、ただその寸前だったというか偶然でしかなかったような気がする。ハルマゲドンで滅ぼされてどうせチャラなのだ。不条理な人生の終わりを目の前にしたエホバの証人2世には罪悪感など全く無いのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。