20年もの歳月をかけて養われたエホバの証人的思考

ものみの塔協会に奪われた前半生

私は物心がついてから14歳までの期間をエホバの証人の2世として育てられた。人格形成のための重要な幼少期と少年期を、ものみの塔協会のガチガチの教義に縛られ成長した。

教義に反すると親からはこらしめと称して体罰を受けることになる。また教義に従わないとハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖心にも支配されることになった。天から降る業火に焼かれる夢をよく見たものである。

私は20代前半でエホバという幻想からの解放に至るのだが、それまで生きてきた20年間全ての時間をものみの塔協会に捧げることになってしまった

無意識下にあるエホバの証人的思考

私は20代前半でものみの塔協会のマインドコントロールが解け、エホバの証人の信じるエホバという神は幻想だし、彼らの唱える形でのハルマゲドンは勃発しないし、楽園で永遠の命を享受するというのもエホバの証人の作り話だと気付いた。

しかし、こう理屈では解っていても、この頃の私の頭の中は未だにものみの塔協会の影響を深く受けていた。エホバの証人の行動指針やものの考え方は、自分でも気付かないほどに深く染み付いていたのである。私の20代はこうしてものみの塔協会から完全に自由になることなく消化されていくことになった。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。