検索窓に打ち込まれたエホバという禁断のキーワード

元エホバの証人二世に訪れない「終わりの日」

私はほぼ生まれながらのエホバの証人信者だった。俗に言う2世信者。両親はものみの塔協会に異常に忠実なエホバの証人。非常に熱心なカルト信者だった。

私は14歳のときに自分の意志でエホバの証人をやめる。短い人生の意義は、ものみの塔協会や神エホバの指図に従うことではないと悟ったから。

エホバの証人脱会以降、エホバの証人の2世信者だったことは私の人生の恥部となった。この段階ではものみの塔協会の洗脳下にあり、神エホバの存在やハルマゲドンの勃発など、ものみの塔の主要教義は信じていた。

それでもエホバの証人二世だったことは私の人生の恥部だった。

  • 永遠の命という希望にすがって、ダサい連中だらけの王国会館に通い続ける美意識の欠如
  • エホバの証人は、人生の価値は一瞬の輝きの中にもあるということを知らない
  • 小学校の季節毎の行事を禁止され、その都度教室の端で見学していた
  • 大きな手術を受けることになった5歳のとき、輸血が必要になる。しかし、両親と共に断固輸血拒否して、不毛にも五分五分の手術に挑んだ
  • そのときに涙ながらに神エホバに救いを祈り求めた
  • 妙にかしこまった服装をして、家から家へとエホバの証人の布教活動を行わされていた

こういった全てが私にとって恥ずべき秘密だった。

エホバの証人を退会した後も、私はものみの塔協会の洗脳下にあった。天に神エホバは存在するし、神による世界の終末も間近だと思っていた。じきに私は滅ぼされるのだと信じていた。

死ぬまでの短い生命をいかに充実させて生きるかと考えていた。この頃、20代前半の頃にインターネットで「残りの者」の数を調べたようとした。21世紀になったばかりの頃。

理由は、なかなか終わりが来ないから。ものみの塔協会の教義では、「残りの者」が全員死んだらハルマゲドンが勃発することになっていた。そのため、私は「残りの者」の人数を調べればハルマゲドンの時期が分かると考えた。

避けに避けていた「エホバの証人」という禁断のキーワードをインターネットの検索窓に打ち込む。そして、ものみの塔協会の抱える様々な矛盾と疑惑がネット上で暴露されていることを私は知る。

エホバの証人の自らがカルト信者だったとはという「まさか」

インターネットで、順調に減っているはずの「残りの者」がなぜか微増しているということを知る。そして、インターネットで「ラッセルの墓はピラミッドになっている」という記事を見つける。

この記事を見た瞬間に、絡まっていた全ての糸が解けるように私のマインドコントロールが解けた。もやもやと抱えていたものみの塔協会に対する疑念のようなものが確信に変わる。そして一家三人で今までいかに愚かなことをしてきたのか気付く。

そこら中に無数に転がっているカルト新興宗教の罠に、まさか自分たちが陥っていたとは!自分たちは真理を知る者だから、蛇に気を付けろと証言して回っていたのに。

世の中には人を騙して貪り食おうと、虎視眈々と弱者を探している蛇のような人々がいる。しかし、その悪党の手先にまさか自分たちがなっていたとは!

ものみの塔協会の出版物を研究し、講演を行い、他人に伝道までしていた真理を知っている賢いはずの自分たちが、まさか完全に洗脳されていたとは!

洗脳が解けた私に圧倒的な空虚感が押し寄せる。絶望的に取り返しのつかない時間を浪費してしまったことに気付く。自分たち家族の愚かさに唖然とする。

そして、今までとは違う意味で、14年間もエホバの証人2世だったという私の過去は誰にも知られたくないことになった。私の子ども時代は、「真理は知っているけどダサイエホバの証人」でなく、「激ヤバなカルト宗教一家で育った過去」に変わった。

ものみの塔協会の統治体の予言は時代ごとに現れる偽預言者の世迷言

ものみの塔協会がエホバの証人家族に仕掛ける時限爆弾


“検索窓に打ち込まれたエホバという禁断のキーワード” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください