ものみの塔協会がエホバの証人家族に仕掛ける時限爆弾

人格に欠陥のあるエホバの証人一世信者が親になると

エホバの証人信者の親やものみの塔協会の束縛から逃れようとする、正常な感覚のエホバの証人2世信者も多く存在する。エホバの証人的には「道を誤った」とみなされるのだが、その道が正解。エホバの証人を続けるのは地獄への一本道。

しかし、エホバの証人をやめた元二世信者が、エホバの証人であり続ける親と友好な関係を保ち続けるのは難しい。

エホバの証人一世信者の親にしてみれば、子がエホバの証人を辞めるというのは、自らが完璧に育てたエホバの証人の二世、まるでロボットのような「作品」が決定的に損なわれるということ。エホバの証人の仲間に対して、非常に不甲斐ない気持ちを味わう。

エホバの証人一世の親は、自らカルトに足を踏み入れざるを得なかった人物。人格的に欠落している。子供っぽく理想主義・完璧主義であったり、依存性が高く精神的に不安定であったり。

そんな未熟な親でも子育てをしながら成長していけば良いのだが、エホバの証人というカルトに逃げ込むとそれは不可能。自ら道を模索したり、もがいたりすることを止め、ものみの塔協会の言いなりになるという楽な道を行くことになるから。

結果、子供を一人の独立した人間として見ることなく、モノや自分の所有物のようにして、ものみの塔という枠にハメることになる。親は子に対して、過保護、過剰な抑圧・支配を行い親子共に親離れ、子離れが出来なくなる。

独立しても止まないエホバの証人2世への親の束縛

エホバの証人二世信者の二つのタイプ

私のようにものみの塔カルトに心の根まで毒されつつも、自由を求めるエホバの証人二世信者も存在する。一方、親と共にいつまでもエホバの証人を続ける二世信者も存在する。

基本的にエホバの証人はダサいので、クリエイティブな感性の高い子供であったり、そんな高センスがなくても私のように独立心さえあれば、エホバの証人の親元を離れたいという思いが強まる。

それ以外のエホバの証人の子供たちは、子供の頃から自分で自分の行動を選択することをしてこなかったために、大人になっても同じ。ものみの塔の規範、親、エホバの証人の権威者にお伺いを立てないと何も決められない大人に成長する。

どちらの生き方が好ましいかは明らか。大人になってもエホバの証人を続けている二世信者は、今すぐにエホバの証人をやめるべき。

王国会館というぬるま湯から急に外に出ると辛いことだらけ。心身を病むかも知れない。だがそれが人生の真実。

既に心身を病んでいて、エホバの証人を辞めることができないと思うかも知れない。しかし、エホバの証人を続ける限りその病は癒えない。病の原因はエホバの証人としての抑圧にあるから。

ものみの塔協会がエホバの証人家族に仕掛ける時限爆弾

エホバの証人をやめる決断をした2世信者と親の和解が簡単にされる訳が無い。片方はマインドコントロール状態にあり、もう一方はその思考停止状態を忌み嫌う立場にある。

エホバの証人の2世信者たちはこの組織を去るにあたって、相当な決意をしている。長い時間をかけて考え抜いた結論。引き裂かれるような思いで、愛する親と道を違えるという決断をしている。エホバの証人2世がこの決断に至ると友好な親子関係の継続は難しい。

二世信者の側にしてみれば、エホバの証人をやめた後には2度と束縛されることなく、今の自由を満喫したい気持ちでいっぱい。積年の野望がようやく叶えられるときが来た。

一種の興奮状態にあるため、親子の問題など些細なもの。それ以上に、未だものみの塔の洗脳下にある親が哀れというよりも、愚か、足を引っ張る人物に思えてくる。思えてくるというか事実。自らカルトにハマり、いつまでもそれを続ける愚者。

ものごとを自分で考え、ものみの塔協会の洗脳状態に疑いの目を向ける年頃になると、一部のエホバの証人2世は覚醒する。エホバの証人の二世の子どもが王国会館に連行されている幼い頃に、既にその家族が崩壊することが決定づけられている。

エホバの証人という宗教は、親子の関係を決定的に引き裂き破壊する猛毒を秘めている。ものみの塔教会は家族を崩壊させる時限爆弾をそこら中にばら撒き続けている

エホバの証人の子供にとって、自分のやりたいことを自分で選ぶという近代社会がようやく獲得した権利を大人になって何とか取り戻すことができた。親との関係性を自らの人間性よりも重視する必要はない。

エホバの証人組織に留まる親、知人、友人そういったものを全て無くしてでも、自分でものごとを選ぶという権利だけは守り抜くべき。あなたの人生はあなたのものなのだから。

ロボットのように育てられるエホバの証人2世


“ものみの塔協会がエホバの証人家族に仕掛ける時限爆弾” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください