エホバという人生の恥部をカミングアウト

ものみの塔協会の洗脳からの解放

私は14歳になるまでをエホバの証人2世として育てられた。14歳のときにエホバの証人をやめると自分で決断する。しかし、それでものみの塔協会の洗脳から解放された訳ではなかった。

エホバという神は存在し、その神がもたらすこの世の終わりが間も無く来ると私は信じきっていた。しかし、私が20代前半だった21世紀初頭にインターネットでものみの塔協会の偽善的な体質に気づく。

ものみの塔協会は真理を謳っている組織であるのに、都合の悪いことを隠していたという事実がある。その事実がたった一つあっただけでも私のマインドコントロールが解けるのに充分だった。

かつてナチスヒトラーに迎合しようとした時期がある。初代会長ラッセルの墓が現存し、しかも形状がピラミッド。輸血が解禁されている国がある。国際連合のNGOに加盟していた。どれか一つだけでも充分だった。

ものみの塔協会の情報統制から自由になろう!

ものみの塔協会は真理からは程遠い隠蔽体質と裏表のある組織なのである。当然神エホバもキリストも存在しない。ハルマゲドンなど起こるはずもない。

元エホバの証人にとって人生の障害となるものみの塔的思考

私の洗脳が解けた20世紀初頭から、さらに15年近く時が経過し現在に至る。私は、最近になってやっとエホバの証人2世だったことを思い出して、その頃のことを考えることが出来るようになった。

この苦々しい記憶は、必死に忘れようとして触れないようにしてきた過去の記憶。デリケートに自分自身に対してさえも、まるで隠すように忘れようとしていた記憶。その極秘事項を現在の私は掘り起こそうとしている。

現在の妻と結婚する前に、エホバの証人2世として育てられたことを話さない訳にはいかなかった。赤の他人にかつてエホバの証人2世だったことをカミングアウトしたのは初めてだった。私にとってはトップシークレットだったから。

エホバの証人2世だったということは私にとって人生の恥部だった。それでも妻は私と結婚することを望んでくれたのだった。そして数年の結婚生活を経て現在に至る。

信頼できる人物と自分の傷を共有することは癒しにつながる。悲惨なのは自分だけではないと知ることも癒しになる。他人の経験談を読むことも一つの癒し。

『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

最近の私はエホバの証人2世だった子供の頃のことを思い出し、間違いなくものみの塔協会のせいで崩壊した両親との三人家族のことを少しずつ考えられるようになった。

エホバの証人をやめた後でも私は深くものみの塔協会の影響を受けていた。そして、それは良い影響ではなかった。忘れよう忘れようとしているエホバやものみの塔に関係したものに無意識のうちに支配されている。

何事もかくあらねばならないという決めつけ型のエホバの証人的思考である。反ものみの塔非エホバでなければならないという強迫観念に、私はやがて四半世紀もの間縛られていた。

エホバから自由になろうとすればするほど、逆にものみの塔的な思考方法に縛られることになる。この逆説的な束縛のせいで、私は自由に心のままに何かをするということが出来なかった。


“エホバという人生の恥部をカミングアウト” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください