カルトという完全悪

親族を巻き込むほど不幸になるエホバの証人

1990年、私の両親は小学生だった私を連れて田舎に引っ込んだ。親族をエホバの証人の組織に引き込むためである。しかし幸いなことに私の親族は誰も両親の声に耳を傾けなかった。これで親族一同がエホバの証人になっていたら、これは最大の不幸だった。今となってはエホバの証人をやめた私の両親だが、親族までカルトに引き込んで不和の原因を作っていたらと考えるとその罪悪感たるや計り知れないものがある。

親族の中では一番クレバーそうな私の父親がどっぷりとエホバの証人の組織に落ち込んでしまったのは不思議なものがある。それほどカルトの罠というのは人の心のわずかな隙を突いて、周到に被害者の心をがんじがらめにしていくものなのだ。

エホバという偽神、ものみの塔という偶像

私が小学校の4年生に進級するときに田舎へ家族で引っ越すことになった。その時に私はせっかく出来た学校の友達と別れたくないと両親に告げた。両親はそんなことを気にもとめず、私が別れたくないと言ったのがエホバの証人の友人でなかったことを咎められた

両親は何をするにも当然のようにエホバ第一だった。しかし、それは実はエホバという架空の偽神ですらなくものみの塔という偶像だったのである。こうして1990年に私の家族は地平線まで見渡す限り田畑しかない田舎町に引っ込むことになった。

父親は大学を卒業して就職した仕事を辞めてエホバの証人の活動がしやすい会社に転職していた。この引越しで再度、転職が必要となり一旦無職となったのである。ものみの塔協会という偶像崇拝のために自分のキャリアを棒にふり、今となっては何の資産価値も無い田舎のボロ家を購入した。全てはものみの塔という偶像崇拝のためである。とても正気の沙汰ではない

すぐにでもハルマゲドンというこの世の終わりが来て世界が一新されると両親は信じ切っていた。そんな都合の良い話はないだろう。積み重ねたものが人生の成果なのである。何らかの奇跡を目撃したとかであれば話は別なのだが、そんな訳でも無くものみの塔協会の出版物に丹念に信ぴょう性を持たせて書かれた創作と王国会館という閉鎖空間が彼らの心を深く洗脳していたのである。物心ついた頃から両親に必死にエホバの証人の教義を叩き込まれた私も14歳でエホバの証人をやめた後、実はエホバは偽神でものみの塔崇拝こそが偶像崇拝でありハルマゲドンなんて来やしないと気付くのに7年~8年は必要だった。カルトはそれほど恐ろしく人の心を蝕む完全悪なのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。