エホバの証人とはどんな宗教か

カルト指定されているエホバの証人という新興宗教

エホバの証人とは、アメリカ合衆国の宗教家チャールズ・テイズ・ラッセルが19世紀に始めた聖書研究を起源とする宗教団体。宗教と言うにはあまりにも新し過ぎる。キリスト教系の怪しげな新興宗教というのが正しい。

全世界に伝道者と称される信者が800万人、日本国内には20万人ほど存在。宗教法人各としてものみの塔聖書冊子協会(通称ものみの塔協会)という名称などが各国で使用されている。

エホバの証人は独特の教義への執着が強いことから、カルトやセクトに指定されている国もある。輸血や兵役の拒否、体罰を推進しているための児童虐待、信者内の特権階級による幼児への性的虐待などが問題化している。

親がエホバの証人であれば、子供たちはもれなくこのカルトの被害者となる。エホバの証人の親は懲らしめと言われる体罰が推奨されているため、エホバの証人の子供たちは虐待を受けて成長する

エホバの証人たちは血を食べてはいけないという聖書の記述を歪曲し、輸血拒否も強制される。輸血拒否により適切な医療処置が受けられず、死亡した子供まで存在する。

児童に対する性的虐待は各国で裁判が開かれ、アメリカ合衆国ではものみの塔協会側の有罪が確定している。また、オーストラリアでも児童に対する性的虐待が隠蔽されていたことが発覚。これらは氷山の一角に過ぎない。

ものみの塔協会の嘘と隠蔽

エホバの証人は自分たちの独特な宗教の教理を真理と呼ぶ。他の宗教、宗派は全て偽り、異端であるという極めて独善的な立場をとる。そのため、信者たちはほとんどの一般的な行事への参加が制限される。

ものみの塔協会の主張する真理は、神エホバが絶対神で、エホバの証人たちはその神の是認を受けている。神エホバがサタンを滅ぼすハルマゲドンは間近。ハルマゲドンを生き残れるのはエホバの証人だけで、ハルマゲドン後の地上は楽園となり、エホバの証人はそこで完全な肉体に生まれ変わり永遠に生きるというファンタジー。

これは全部ウソである。その証拠は、この「ハルマゲドンが間近」という予言が何度も改訂され延期してきたこと。ハルマゲドンくるくる詐欺で、多くの信者が人生を棒に振り、家族を失い自殺したり、精神を病んで死んだりした。

永遠に来ないハルマゲドンという人参で信者を騙しているのがものみの塔協会。嘘を真理と信じ込ませるためにものみの塔協会はエホバの証人信者たちに情報統制を敷いている。この世の情報に触れないようにと。

ものみの塔協会の偽善が暴かれようとしており、世間にはものみの塔協会にとって都合の悪い情報があふれている。せめて洗脳状態の信者がそれに触れないようにと、ものみの塔協会は必死に隠蔽工作を行っている。

初代ものみの塔協会会長ラッセルはピラミッド形状の墓に埋葬されている。エホバの証人は墓やピラミッドを忌み嫌うよう指導されているし、個人崇拝も禁止。なんと輸血が解禁されている国もある。こういった事実は内部の信者たちにはひた隠しにされている。

ものみの塔協会によるエホバの証人の洗脳

前述の情報統制と同時にものみの塔協会による出版物により、信者たちは純粋培養の洗脳状態にある。エホバの証人は家庭聖書研究と称してほんわかムードで平和な家庭に侵入する。

その聖書研究は聖書ではなく、ものみの塔協会の出版物研究である。繰り返し、繰り返しこの洗脳教育用出版物の朗読、質疑応答を行う。そして気付かないままにものみの塔協会の教えを叩きこまれ、マインドコントロール状態に陥る。

信者たちは自ら進んで聖書のレッスンを受けたため、ものみの塔協会は洗脳していないという詭弁が弄されることがある。これは出鱈目。

自ら進んでレッスンを受けようが、本人の気づかないままに思考を操作するのがマインドコントロール。ものみの塔協会こそがマインドコントロールを施す者である

このマインドコントロールに関する記述など、インターネット上の情報はエホバの証人によって都合よく書き換えられている場合があるので注意。

エホバの証人が書き換えているwikipedia


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください