不完全な真理は真理ではない

楽園には入りたくないエホバの証人2

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳で自分の意志でエホバの証人をやめる。苦心の末やっとエホバの証人をやめるという決意を両親に告げた。しかし集会のために王国会館へ行く時間になったとき両親に対して

「もう集会に行かない」と言うのがやっとだった。

その日の集会から帰ってきた両親によって私の事情聴取が始まった。いったいどういうつもりでもう集会に行かないというのか?ということである。両親はこれ以前からの私の集会や伝道活動への身の入らなさからある程度はこういった事態を想定していたはずである。

この頃の私は常にエホバの証人をやめるということを考えていて理論武装を固めていた。私の人生の意味はエホバの証人が求めるものとは違う。ハルマゲドンまでの限られた命で構わないから二度と繰り返されることのない現在、今を思い通りに生きたいということを両親に話した。両親と一緒に楽園で永遠の命を享受したいとは思わないとはっきり告げた。

さらにこの頃にはものみの塔協会の教義の矛盾にも私は気付いていた。この晩の事情聴取で背教じみたことも両親に対して口にしていた。批判的に公開講演を聞いたりものみの塔協会の出版物を読んだりすると突っ込み所はどれだけでも出てくる。まさしく完全、完璧な真理では無いということが見えてくる。

不完全な真理

そんな話になると人間は不完全だからその都度、神からの調整が教義に入るのだと反論される。ということは不完全な人間の組織であるエホバの証人組織はどう考えても不完全なのである。教義を造っている統治体の成員も人間であり不完全である。彼らが神に導かれて語るという真理も不完全ということになる。不完全な真理、それはもはや真理ではない

こんな話になると私の両親も含めたエホバの証人たちはもう私とものみの塔協会の教義について話をしたがらなくなった。まさか長老兄弟の一人息子が背教に走るなんて、ということを誰も口に出来ないからである。背教はエホバの証人組織では最大の罪である。組織から追い出される排斥処分になる可能性が激高だ。両親にしてみればまさか自分の息子が背教者になるなんて、という驚きと悲しみが最高潮の状態である。

これ以上両親とものみの塔協会の教義について話すことは無かった。私の若気の至りだったのだが、そうやって人を言い負かすことに喜びを感じていた。背教上等、排斥上等という思いだった。この頃の私は人生の実りは今この瞬間だけにあると思っていた。ハルマゲドンまで太く短く生きるつもりだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。