王国会館という虚構の世界の架空の友人

薄情なエホバの証人

エホバの証人は職場では変な奴、怪しい奴と思われ同僚との友好な関係を作るのは難しい。むしろものみの塔協会もそれを勧めている。”この世”の人との友人関係を見直すように、深い交友を行わないようにと勧めているのである。

エホバの証人2世は大人になって組織を去ったときに自分がいかに友人を持たないかということに否応なく気付くことになる。エホバの証人組織の中の交友関係は組織に留まっている間だけのものである。組織をやめた人のもとからエホバの証人たちは去って行く。困っていても積極的に助けの手を差し伸べることはない。そこまでの関係なのだ。

いざ何らかの助けを求めたとしても現役のエホバの証人たちは組織をやめた信者に対してまずは組織への復帰を進めることを最優先にする。復帰した後であれば経済的援助であれ、何であれ助けとなってくれるかも知れない。

エホバの証人の感覚での友人とは真の交友関係ではなくものみの塔協会という組織を通じての関係なのである。相手がエホバの証人である限りはという条件付きの友情なのだ。





王国会館からの脱出

エホバの証人は組織外の友人の全てを信者である間に失ってしまっている。もしくはエホバの証人2世として成長したために一切”この世”の友人が出来なかった、作ってこなかったという状態である。現役のエホバの証人はもはや普通の友人の作り方が解らないのである。彼らにとってエホバの証人組織を離れることは唯一の交友関係を失うことである。これには大きな孤独と疎外感を伴う。こうしてエホバの証人は組織にしがみつかざるを得なくなるのだ。高齢のエホバの証人ほどこの傾向が顕著である。

ものみの塔協会やその教義に魅力を感じなくなりエホバの証人をやめたいと思ったとしても王国会館にある唯一の交友関係を失いたくないがために思い切れないという信者もいる。ものみの塔協会の教義の矛盾に気付き組織の隠蔽体質に嫌気が指したとしても自分の唯一の居場所を無くさないためにエホバの証人をやめる決意がつかないという信者もいる。

ただ人は友人が一人もいなくても生きていくことが出来る。とても孤独だが人間らしく生きていくことは出来る。王国会館の中で偽物の人間関係と堅苦しいものみの塔協会の教義に縛られて生きていくよりはよっぽどましなのだ。どうせ王国会館の中は下らない虚構の世界なのである。それならば勇気を出して外のリアルな世界へ飛び出すべきなのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。