エホバの証人2世の特効薬

エホバの証人2世として思春期を過ごすことの悪影響

最近、空き家となっていた実家の整理をしている。この実家が空き家となったのは両親が20年をエホバの証人として過ごしたからである。私もほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世だったのだが14歳のときに自分の意思でエホバの証人をやめた。その後でエホバの証人をやめるタイミングがずれたために両親は離婚し私の一家は崩壊したのだった。

実家整理のついでのふとした気まぐれで最後に連行されていた王国会館を見に行ってみたのだが、ここは閉鎖されていた。私は9歳のときに引っ越しているので、この最後の王国会館に通っていたのは長くても9歳から14歳までの5年間である。今の私は37歳でそのうちの5年間である。そんなに長い気もしない。ただ小学校高学年から中学2年生までの時期をエホバの証人2世として過ごさざると得なかったということの意味は大きい。それは私の精神や人間関係に大きな悪影響を与えている。今でもこの影響からは自由に慣れていない。

家族親族を含めて14歳以前の知り合いに会うと必ずエホバの証人2世だったことが頭をよぎる。祝って貰えなかった誕生日、参加が許されなかったクリスマスや節分の行事、ものみの塔協会の教義には細かな禁止事項が多いのである。毎週3回の集会とその予習のために学校の友達と遊ぶ時間は制限されていた。そもそもこの世の人々との交友はあまり認められていなかった。何よりもエホバの証人2世として他人から蔑まれることが苦痛だったのである。変わり者というレッテルを貼られることや他者の哀れむような視線が嫌だったのである。





癒しにはなるが特効薬にはならない時間の経過

最後の王国会館に通っていた期間が5年、そもそもエホバの証人2世として過ごしたのが最長でも生まれてから14歳になるまでの14年間である。この実家整理をしているまで私は知りもしなかったのだが、どうやら両親がエホバの証人に関わり始めたのは私が1歳を過ぎてからなのである。私の1歳の誕生日がロウソクの立った白い誕生日ケーキと共に祝われている写真が出てきたからだ。その後初詣に行っている元旦の写真も出てきた。記憶は無いのだが私は普通の家に生まれ、私が物心つく頃から両親はエホバの証人としての活動を始めたのである。

こうして考えてみると私のエホバの証人2世として過ごした期間はさらに短い。1歳の誕生日を過ぎてから14歳の誕生日くらいまでの13年間である。今の私は37歳で既にエホバの証人2世として過ごした期間よりもその後の一般人として過ごした期間の方が長いのである。

エホバの証人をやめたあとの私はものみの塔協会により禁止されていて子供の頃から出来なかったことを全てやろうとした。今さら節分やクリスマスといった子供向けの行事をやりたくも無かったので、喫煙や飲酒、異性との交際、ギャンブルといったその年頃において非エホバ的なものを人生の中心として生活した。

エホバの証人2世として奪われた13年とその後の自堕落に否ものみの塔として過ごした現在までの24年、私は充分に何かを取り戻したのだろうかと考える。しかし決して取り戻せないものもあるということは認めざるを得ない。幼少期から少年時代、思春期という特別な時間と私の崩壊した家族である。時間の長さはある種の癒しにはなるが解決策にはならないのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。