天から降る業火で焼き尽くされる体

エホバの証人2世の死刑宣告

私は熱心なエホバの証人だった両親によってほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。子供の頃から仕込まれたものみの塔協会の教義は体の隅々にまで染み渡っていた。これがマインドコントロールということである。エホバの証人をやめたあとでも10年近くは寺社仏閣やホラー映画には何とも言えない嫌悪感があった。これが危険なカルトに骨の髄まで侵された結果である。

私は14歳の秋に自分の意志でエホバの証人をやめた。これが1990年代中盤のことだ。小学校の高学年の頃からエホバの証人をやめたいとは思っていた。しかし実際に両親に集会にも奉仕にも行かないと宣言するのに何年もかかってしまった。ずっとためらっていたのである。一人息子だった私は両親に非常に愛されているという自覚があったし、ものみの塔協会による深い洗脳状態にあった。

エホバの証人をやめるということは来たる終末のハルマゲドンで神エホバにより滅ぼされるということを意味する。こんな突拍子もないことを全く疑いもせずに信じ込んでいるのである。いかにカルトによる洗脳が脅威であるか分かって頂けるだろう。エホバの証人をやめると両親に宣言した私は、自分自身に時限付き死刑宣告を下したようなものだった。





天から降る業火で焼き尽くされる体

14歳から20歳を過ぎるまで私はハルマゲドンに怯え戦々恐々とした日々を過ごしていた。エホバの証人をやめるきっかけとなったサッカーに熱中していた頃は良かったのだが、サッカーにもしばらくすると飽きて、子供の頃から禁止されていた全てのことを取り戻すかのように行い始めた。

古今東西の映画やテレビドラマ、アニメを見なければならないし小さな頃に出来なかったテレビゲームのシリーズものも順番にクリアしていった。喫煙や飲酒も未成年の間に始め、麻雀、パチンコとギャンブルにも興じていた。そういった日々の中でどうしてもハルマゲドンの恐怖はあったのである。何とか毎日を享楽的に過ごし、やり残したことなく悔いなく死んでいきたいと思っていた。

天から降る業火で焼き尽くされる夢を見て汗びっしょりで目覚めることもあった。これは未だエホバの証人2世だった幼少期から繰り返し見てきた夢である。カルトの洗脳の恐怖はそう簡単に去らないのである。

そうした時期にインターネットで私はエホバの証人について調べることになった。21世紀になってもなかなかハルマゲドンが起こらないからである。14万4千人の残りの者はいったい何人になったのか。どれくらい残された時間があるのかと気になったのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。