14万4000人の嘘

昇天するというおこがましい妄想

私が子供の頃に連れて行かれていたエホバの証人の会衆内に急に油注がれてしまった老婆の信者がいた。その老婆姉妹(エホバの証人は男性の信者を兄弟、女性の信者を姉妹と呼ぶ)の息子と娘は既に成人していたがエホバの証人としてものみの塔協会に献身していた。その老婆も正規開拓者としての活動にもう何十年も従事していて会衆内でも一目置かれるベテラン信者だった。

エホバの証人の油注がれた人々の教義は特殊である。14万4000人の神により油注がれた人々は死後に昇天しキリストと共に地上を統治するということにされているのである。何ともおこがましい傲慢さだが、彼女ならそれにふさわしいのではないかというのが会衆内の人々の所感だった。それほどその老婆姉妹は会衆内で幅を利かせていたのである。会衆内で信者の尊敬を得ているという感覚がこの老婆のおこがましい妄想に至るきっかけとなったのだ。

男尊女卑のものみの塔協会

しかしものみの塔協会は男性社会である。エホバの証人は人々を統率する権限を”かしらの権”と呼ぶ。このかしらの権が女性に与えられることはない。教団内で出世するのは男性信者だけだ。彼らは出世とは呼ばず”特権”と呼ぶ。献身した男性信者は”奉仕の僕(しもべ)”→”長老”と出世というか特権を増していく。

しかし女性信者にはそんな役職が与えられることはない。集会の講演を演壇で行う特権も女性信者には与えられない。私が王国会館に連行されていた1990年代前半の頃には女性信者は必ずスカートを履いて王国会館に来なければならないというルールが定着していた。パンツスーツは女性信者には”ふさわしくない”と禁止されていたのである。このものみの塔協会の男尊女卑思考のためにどれだけベテランの女性信者でもこの教団内では出世することはない。

 

14万4000人の教義の矛盾

エホバの証人の女性信者には一切の特権が与えられないのだが、油注がれ昇天する14万4000人に選ばれることはあるのである。死後はキリストと共に天から地上の民を統治するのだが存命中には会衆内で一切の特権を与えられない。ここにものみの塔協会の14万4000人の教義の矛盾がある。

そもそも14万4000人の教義がものみの塔協会の頂点に君臨する統治体に対する権威付けのために創作されたものである。統治体のメンバーは漏れなく油注がれたことになっているのだ。しかし冷静に考えて死後に昇天するほどの聖人が身近にいるなんてことは無いだろう。

また宗教団体こそ平等や博愛の精神を持つべきである。しかしながら、ものみの塔協会の徹底的な男尊女卑思考はこの教団が偽善的なカルトであることの証拠となっている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。