記念式でぐいっといっちゃって

毎年カウントダウンされる残りの者の人数

エホバの証人には重要な14万4000人の教義がある。14万4000人とは忠実で思慮深い奴隷と呼ばれ神により油注がれた人々である。彼らは死後に天に昇りキリストと共に地上を統治するということになっている。昇天前に地上で生きている油注がれた人々は14万4000人の”残りの者”と呼ばれている。残りの者の中にはものみの塔協会の頂点で世界中のエホバの証人を牛耳る統治体のメンバーももれなく含まれている。この14万4000人の教義には矛盾が多い。

まずは1世紀から20世紀の現代に至るまで2000年近くの長い期間に渡って昇天組の募集が行われ続けていたという点である。平均すると1世紀あたり7200である。1年で72ということになる。これが多いのか少ないのか判断に迷うところだ。天に昇る聖者が世界中で選ばれるとして月間6人くらいだとそんなものなのだろうかという気にもなる。

興味深いことにものみの塔協会は油注がれた残りの者の数を毎年公表しているのである。地上で現世を過ごしている残りの者の人数である。彼らはエホバの証人最大のイベントである”主の記念式”で”キリストの血と肉を表す表象物にあずかる”のでしっかりとした人数が把握されている。表象物にあずかるというエホバの証人風の言い方だと解りにくいが、簡単に言うと聖餐を食べるのである。キリストの肉を表す無酵母パンと血を表す混ぜ物の無い赤ワインをぐいっといくのである。





天的級を独占するものみの塔協会

ものみの塔協会の人数の発表では1925年には9万人強の残りの者がいたことになっている。14万4000分の9万で、残りというかほぼメインである。1925年の段階で昇天組の62.5%をエホバの証人の残りの者が占めているのである。あとの5万人全員がこれ以前に既に天に召されたとしていても年間26ほどになってしまう。これは流石に少ないのではないだろうか。

十二使徒が殉教した時代になると年間枠であと14人しかない。同じ年に12人全員が死んだ訳でもないのでそう単純でもないのだが、ペンテコステのイベント的な感じでまとめて聖霊が降臨したことなどもあったので、年間十数人というのは明らかに少ない。こう考えてみると年間75人というのも微妙な気がしてくる。

とにかくその昇天組の狭き門をものみの塔協会は20世紀に入ってからの自分たちの組織の人間で独占しようとしているのである。独占しようしているというか、そもそも自分たちで造り出した教義なので独占せざるを得ない訳である。

真面目にエホバの証人の教義の正当性について議論することは私には出来ない。エホバの証人をやめて20年以上経つしもともと真面目に教義を勉強していた訳でもない。そもそもいい加減な教義をいい加減に批判しても不毛だろう。とにかく14万4000人が天に昇るというのはものみの塔協会がでっち上げた壮大なおとぎ話に過ぎない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。