死ぬ気になればエホバは怖くない

絶望的な王国会館

私は両親ともにエホバの証人という神権家族で育った。小学校の6年生の頃からエホバの証人をやめたいと考え出し14歳の秋にエホバの証人をやめると両親に宣言した。激しいマインドコントロール状態にあった両親は私のこの決意を深く悲しみ衝撃を受けた。

エホバの証人だらけで何の快楽も都会的な洗練もない楽園での永遠の命のために今を犠牲にするということに私は納得出来なかった。人生の実りや輝きは、今という一瞬に熱を注ぐことであると強く思っていた。永遠よりも刹那の方が重要だと私は知っていたのである。こうしてようやくエホバの証人をやめる決断が出来たのだった。

この頃の私はエホバの証人の知識を14年間に渡って深く植え付けられており、ちょっと考えるだけでそれらの教義の矛盾を指摘できる状態だった。ただものみの塔協会の言うことは真理でありエホバは存在する、そしてハルマゲドンはいつか起こるという認識だった。私は未だに深い洗脳状態にあったが、この組織が発行する出版物の幼稚さや会衆内の人々の知能レベルの低さに気付き始めていた。

私がエホバの証人をやめた1990年代後半まではエホバの証人には高等教育が不要とはっきり決められていたこともその一因である。また所詮は何らかの弱みにつけ込まれて勧誘され洗脳されてしまった集団なのである。精神的に不安定だったり体に障害があったり病弱であったりという人々の集まりである。

エホバの証人の組織には魅力的に見える大人の信者や同年代のエホバの証人2世がいなかった。さらに14歳の私は周囲の人々が自分より馬鹿に見えて仕方が無い年頃だった。現世に絶望した弱者の集まった王国会館には、若さという宝石を持て余した私の居場所は無かったのである。





排斥処分となる背教者

この頃の私は四六時中エホバの証人をやめたいと考え出して3年ほどが経ち、ようやく実現したばかりだった。理論武装は完璧で、タイミングがあると両親に対しエホバの証人の教義の矛盾を指摘し自己満足に浸っていた。

エホバの証人にとって一年で一番のイベントである主の記念式どうしてもと両親に連れて行かれたことがあった。このときにもこの記念式の教義についてものみの塔協会の矛盾を指摘していた。これは他の信者に対しても得意げに語っていたのでエホバの証人的には背教とみなされる状態である。もしも私がバプテスマを受けて献身した状態だったのなら排斥確定である。

ハルマゲドンで滅ぼされるまでの間の僅かな命である。私は神をも恐れない状態だった。死ぬ気になれば何でも出来るとはこういうことである。下らない組織から追い出される排斥処分は当然、両親を深く失望させることすら怖くなかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。