ものみの塔協会から派生するエホバの証人2世の暴力的な嗜好

エホバの証人2世の残虐性と凶暴性

エホバの証人2世は幼い頃から自由を制限され抑圧された生活を余儀なくされている。ものみの塔協会による厳しい戒律に縛られ、その禁止事項を破るとこらしめという体罰が待っているのだ。この精神的苦痛は相当なものである。

その苦痛をなかなか外部に向けて発散出来ず、エホバの証人2世は成長するに従って残虐性や凶暴性を心中に養っていくのである。こらしめと称される体罰により受けた暴力は心中で自身の暴力的思考に変換されていく。そしてこれが開放される時は必ず来るのである。

私にもこういった残虐性や凶暴性は確かにあった。エホバの証人をやめた後でこれらが発散されることになったのである。

 

エホバの証人をやめた後で陥る非エホバ願望

エホバの証人をやめた後の私は、知らず知らずのうちにいかにエホバの証人らしくない生き方をするかということを人生の主題としていた。ほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世となってしまったために、人生のあらゆる面で損をしてきたと私は考えていた。その失われた14年を取り戻すために反ものみの塔的生き方をしなければならないと思い込んでいたのである。

自己愛や利己的な考え方を優先し、自身の利益のためには多少の暴力が伴われても仕方が無いと思っていた。自身と相容れない人々を敵とみなし、激しく攻撃していた。彼らがどうなろうと(彼らの生命でさえも)知ったことではないと考えていた。

しかし、一見は反ものみの塔的なこういった考え方は、裏返せばエホバの証人的思考だったのである。





暴力と独善と自己中心的な考え方を本質とするものみの塔協会

表面的には暴力や自己中心的な考え方というのは非エホバである。ただものみの塔協会という組織の力を用いた暴力とも言える強制はエホバの証人界には蔓延している自己保身や組織内での特権”を確保するための出世主義はエホバの証人の自己中心的思考を助長している。エホバの証人信者はお互いにものみの塔協会の決めた戒律を遵守しているか監視しあう関係にある。ものみの塔的な義に反していれば密告され、組織から追い出される排斥処分となる。この監視密告主義は利他的で愛に満ちた組織のものとは決して言えない。

自分の考え方や理想と異なるものを全て敵とみなす考え方、これはエホバの証人的思考そのものである。彼らは自分たち以外の宗教、政治、団体、組織といったものは全て悪魔サタンの手先であると教えている。自らだけが真理を語る組織で、ものみの塔協会以外は全て偽りであると考えているのである。自分たちの何度にも渡る預言の訂正を棚上げしておいて、周囲の全てを認めないという独善的な有様である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。