エホバの証人2世のいじめと二面性

大人の信者から受け継がれる裏表のあるエホバの証人2世の性格

誰でも、裏表の顔を使い分けている。エホバの証人2世として育てられた人々は、その二面性が顕著。親や大人たちの前で見せる顔と自分より弱い者に対して見せる顔が全く違う。

大人のエホバの証人や私の両親も、他人の噂や悪口めいた批評を影で言うことが良くあった。両親ともエホバの証人で、家庭内では会衆の他の信者についての噂話が絶えなかった。

会衆とは、地域ごとのエホバの証人の集まりのことで、人口密度に応じてある一定の地域をカバーしている。信者数が100人弱になるように会衆のカバーエリアが定められる。エホバの証人のムラシステムである。狭いムラの中で絶えない噂話が続く。

会衆内の誰々がエホバの証人組織を離れた、ものみの塔協会の戒律を犯したという場合には相当厳しい批判がなされる。こういう大人を見ているため、エホバの証人2世は他人の噂話や影口が大好物なのである。

ものみの塔協会そのものが二面性を持つ

ものみの塔協会も絶妙な二枚舌を使い分け、時の権力者に迎合してきた。これは彼ら自身が批判対象とする一般のキリスト教会と何ら変わりがない。かつて、ものみの塔協会はヒトラーのナチス・ドイツに取り入り、国際連合のNGOに加盟していた。

この政治力の高さは、内部の一般信者には明かされることはない。このものみの塔協会の二面性はエホバの証人信者、そしてエホバの証人2世の子供たちに脈々と受け継がれている。

ものみの塔協会の情報統制から自由になろう!

長老だった父親から与えられた特権

私が小学校6年生のときのこと。伝道者でもなかった私が、1つ年下の男の子と聖書研究の真似事をしていた。それは父親が長老だったから。ちょっとした越権行為、フライングである。長老としての特権の濫用。

私は小学校6年生で、外面的には父親たちが聖書研究をしている間、一緒に遊んでいるという建前。しかし、父親が聖書研究と称したものみの塔協会の出版物の講義をしている間、我々も隣の部屋で同じような聖書研究をしなければならなかった。

1990年代のことだが、子供用の黄色い絵本のような出版物がものみの塔協会から発行されていた。その本では聖書の主要場面を、順番通り年代順に大きな挿絵と比較的易しい文章で説明している。

その本を使って、私と1つ年下の男の子とで聖書研究の真似事をしていた。私は両親が様々な未信者の人と聖書研究をする場面に立ち会っていたので、同じようにするだけだった。まずは出版物の朗読をし、その内容の質疑応答を行う。その後でちょっとした講釈を垂れる。

エホバの証人2世のいじめ

我々の聖書研究の真似事に、この家の小さな妹が立ち会っていた。小学校に入る前くらい。その女の子は聖書研究の話に割り込んできたり、小さな子供なので、少しの間もじっと座っていたりすることが出来ない。

最初は兄の方がたしなめていたのだが、だんだんと私も静かにするようにとその女の子に言うようなった。しかし、しばらくするうちに私の言葉が段々とエスカレートしていっていった。

静かにしていない子供に対する悪口、その子のなっていない所を探し出してチクチクとけなすようになっていく。静かにしている、していないなどは関係なく、大人たちがいなくなって子供だけになると私の悪口が始まるのである。妹の方に対する陰湿ないじめだった。

エホバの証人の排他性と二面性

エホバの証人2世は同じようなエホバの証人2世との付き合いがメインである。この世の友人とは深く付き合わないようにと、親やものみの塔協会から言われているため。

行動や考えを深く制限されたエホバの証人の子供たちは、2世ロボットと言っても良いような機械的存在である。私にとって生身の幼年期の子供らしい女の子というのは完全な異物だった。異物を排除するというエホバの証人らしい排他的な反応も、この陰湿ないじめの一因となった。

大人のエホバの証人たちの二面性を目にすることは、私にとって日常茶飯事だった。そうして育った私にとって、大人と一緒にいるときと子供達だけのときの態度を使い分けることは当然のようになっていた。

例え、その妹に対する陰険ないじめを大人から咎められたとしても、聖書研究の間は静かにしていなければならないという大義名分がある。そういった逃げ道まで用意されていたのだった。

私が行っていた他の弱い者いじめはエホバの証人2世の陰険な性格